ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーの苦手意識を克服するには?

ドライバーだけが苦手・・・という方もいると思います。

苦手意識があるということは、他のクラブと違ったことをしようとしているのかも知れません。

ですから、例えば3番ウッドと比べて何か違うことをしようとしているのではないか・・・と考えてみます。

ドライバーでよくあるミスは、

・アッパーブローに打とうとする意識が強すぎる
・より速く振らなければならないと思っている
・ボールの位置が自分に合っていない
・ティーアップの高さが合っていない

アッパーブローに打とうとする意識が強すぎるとスライスが出やすくなりますので、真横から払い打つイメージで打ってみると良いショットが出る・・というケースもあります

また、ボールの位置に関してみても、一般的には左足のかかと線上と言われていますが、プロでも全員がこの位置ではありません。

ですから、ご自分なりに合う位置を探されてみてもいいかも知れません。

それだけでショットが安定することもありますので。

とにかく芯でとらえる!

ドライバーが苦手という方はミート率が悪いのではないでしょうか。

つまり、芯でボールを捉えている確率が低いためにボールが飛ばなかったり、よい感触が持てなかったりします。

ですから、振っても振っても飛ばないので、余計速く振らなければならないと感じてしまいます。

この状態で速く振ろうとするとミート率が必然的に落ちますから、苦手意識がさらに強くなる・・・という悪循環に陥ります・・。

ですから、ドライバーの練習をされる時はとにかく芯でボールを打つことをまず目指された方がいいように思います

芯でボールを打つには、いきなりヘッドスピードを上げようとしないこと・・・だと思うんです。

ゆっくり振るだけ芯で捉えやすくなります。

芯で捉えてから、少しづつスピードを上げる・・・というやり方の方が僕はうまくいくような気がしています。

それから、もう1つ良い方法があります。

それはわざと芯を外す練習です。

ドライバーのフェースの中央のスウィートスポットではなくて、少しトゥ寄りで打ってみる練習をします。

トゥに当たっている感覚をつかんだら、今度はスウィートスポットに当てる練習をしてみます。これを繰り返していると、芯で打てるようになってきます。

これは振り遅れやスライス防止のための練習としても効果があると思います。

ドライバーのフェースを4分割して、それぞれのエリアにボールを当てる

ドライバーの練習で面白い方法がありますので、ご紹介させていただきます。

その練習方法とは、ドライバーのフェースをまず4つのエリアに分けます。そして、そのエリアにボールを「意図的に」当ててゆく・・・という練習です。

この練習のために、ドライバーのフェースにシールのようなものを貼り付けられるグッズがありますので、そういったものを用意して、そこにマジックペンか何かで線を書き入れるといいと思います。

このグッズですが、「ショットセンサー」という商品がありますし、また似たような製品もあると思いますので、そういったものを探してみてもいいかも知れません。

ドライバーのフェースに↑のグッズを貼り付けるとこんな感じになります。

このように縦と横に線を書き入れるとわかりやすいかも知れません。一般的にスライサーの方は下記の③か④に当たることが多く、フックを打っている方は①や②が多いかも知れません。

これ、とっても効果的な練習だと思うんです。

特にスライサーの方は、フェースのトゥ寄りの上のエリア(↑の①)にボールを当ててみる練習がおすすめです。

また、意図的にヒール寄りで打ってみたり、フェースの上部に当てたり、下部に当てたり・・・という練習をすることで、ドライバーを振る・・・という感覚から、ドライバーのフェースをコントロールする・・・という意識にもなると思うんです。

さらに、その4つのエリアに当てた時のインパクトの感触であったり、ボールの弾道なども細かく確認してみても面白いと思います。

そして、その4つのエリアすべてにボールを当てたら、最後にフェースの真ん中に当ててみる・・・ということをゲームのようにして楽しんでもいいと思います。

「最初に力が入ると後で緩む」

あるプロがスイングは「最初に力が入ると後で緩む」・・・ということを話されていました。

飛ばそうと思うと力が入ってしまい・・・バックスイングのテンポが速くなり、トップで体が伸び上がりやすいのだと。

そうならないためには、バックスイングをゆっくり振る・・・という意識が必要なのかも知れません。

これは以前にもご紹介させていただいたことがありますが、ドライバーだと思って力む位なら、これはウェッジだと思ってスイングしてみるのも1つの方法だと僕は思ってます。

特に芯に当たっていないなと感じた時は、ピッチングウェッジのつもりでドライバーを振ります。

すると、余計な力みがとれて、芯に当たりだしたりします。

また、どうしても力んでしまうような方は、ピッチングウェッジとドライバーを交互に打つ練習も効果的かも知れません。

ピッチングウェッジで5球打ったら、今度はドライバーで5球打つ、またピッチングウェッジで5球・・・・という感じです。

スピードリミットを決めておく

ドライバーの苦手意識を克服するには・・・ということでここまで書いてきました。

ドライバーとピッチングウェッジを交互に打つ・・・という練習方法もご紹介しましたが、この練習はとてもいい方法だと思うんです。

特にドライバーの苦手意識を克服するという意味では。

ドライバーが苦手という方にお話をお聞きするとドライバーを特別なクラブとして扱っていることがわかります。

そして、多くの方がドライバーになるとスイングスピードが変わったりします。

アイアンの時はスムーズなスイングだったのに、ドライバーになると力が入ってしまって、テンポが悪くなってしまう・・・という方も多いです。

このようなケースでは自分のスイングのスピードリミットを決めてしまうと、ドライバーもコースでうまく打てるようになってくることがあります。

自分のスピードリミットとは、何%の力でスイングするか・・・という意味になります。

プロの中にはそうやって、何パーセントで打つというのを決めている人も多いです。

例えば、自分の力の70%で打とうと決めたとします。

そしたら、ウェッジ、ミドルアイアン、ユーティリティ、フェアウェイウッド、そして、ドライバーまで・・・その70%で打ちます。

どのクラブでも飛ばすということよりも、フェースの芯でボールを捉えることを第一に練習してみてもいいかも知れません。

自分にとっての一番心地よいスピードリミットというものも人によって違ってくるものかも知れません。

レッスンプロによっては80%位が一番安定してショットが打てることが多い・・・と指摘する人もいます。

タイガー・ウッズも80%を超えないように打っていると語っていたことがありました。

自分にとっての一番心地よいスピードリミット(スイングスピード)の見つけ方については、一番信頼できるスイングスピードを見つけるでご紹介しておりますので、よかったらそちらを参照ください。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。