ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

朝一のティーショットを成功させる5つのステップ

朝一番のティーショットってやっぱり緊張するものだと・・思うんです。

誰でも朝一のティーショットは無事に終えたいと思います。
いきなり大たたきしたり・・・OBスタートは嫌ですから・・。

今回は朝一のティーショットを成功させる簡単な5つのステップ・・・ということで技術的なことですとか、そのために具体的にできることについてご紹介してゆきたいと思います。

また、朝一のティーショットがうまくいかない理由には心理的なものもありますが、それについてもこの記事の最後でどうやったら緊張し過ぎずに朝一のショットを打てるのか・・・ということについて考えてみたいと思います。

朝一のティショットを成功させる5つのステップ

1.ティーショットでドライバーを曲げないためには?

朝一のドライバーショットは曲げたくないわけですが・・・そんな時、僕はあえて高いティーアップにして、ドライバーヘッドを地面から浮かせてボールの高さに合わせて構えて、6割程度の力で打つようにしています。

ティーアップの高さについて、ある実験があって、その結果によるとアマチュアはティーアップを高くした方が飛んで曲がらない・・・という結果が出ています。

これについてはドライバーを曲げたくない時の対策でご紹介しておりますので、よろしければそちらも参照してください。

ティーアップを高くして、ヘッドスピードを落とす・・・ヘッドスピードを落とすことでサイドスピンも減りますので、ボールは曲がり難くなると思います。

また、予めヘッドスピードを6割・・・という風にスピードリミットを決めておくと、案外リラックスして打つことができたりします。

それから、例えば、3番ウッドの方がドライバーよりも得意という方は3番ウッドのティーショットでもいいと思うんです。ドライバーで打つ必要はないですし、1番ホールはとにかくフェアウェイにボールを置くことが1番の目標であってもいいと思います。

 

2.ターゲットは点で

どこに打つかわからない。とにかくフェアウェイに打ちたい。

狙っている的を大きく(広く)取ればとるほど、ミスの度合いも大きくなると思うんです・・。

ですから、どこに打つかというのは点で狙ってゆくことが良いのではないかなと・・・僕は思っています。

狙いの的を絞ると、ミスした時のミスの幅と言いましょうか、そういうものが狭まってゆくように思います。

また、ターゲットを明確にして、そのターゲットを意識することで、自然と今のそのショットに集中できるようになります。

緊張したら、ターゲットを意識する・・・ということ、僕はよく実践しています。

 

3.体を動かし続ける

緊張してアドレスで固まってしまうことってあると思うんです。

ただ、その状態からすばらしいショットを放った人は殆ど見たことがありません・・。

固まってしまうと「リズム」がなくなり、スムーズなスイングが出来なくなります。これを防ぐには体のどこかをテークバックを始めるまで動かし続けること・・・だと思うんです。

例えばワッグルであったり、アドレスで構えてからテークバックまで、足をパタパタと動かすのもよいかも知れません。

自分の順番を待っている時も同じように体の動きを止めないことも大切なことだと思います。

体を前後に動かしたり、足を動かしたり・・・勿論、他の人の邪魔にならない程度に・・・ということですが、そうやって体を「動かしておく」ことも1つのコツだと思います。

 

4.テークバックと体重移動

朝一など、緊張して、しかも体が温まっていない時にはどうしても手打ちになりやすくなると思うんです・・。

体を回転させるのを忘れてしまって、手や腕だけでクラブを振ろうとしたりすると・・・ミスも出ますし、飛距離もロスします・・。

そうならないためには、バックスイングでとにかく体を回転させることを考えてもいいのかも・・知れません。

具体的には、バックスイングでは胸を右に回転させる・・・そんなイメージでもいいのかも知れません。

手や腕だけでクラブを振ろうとすると、体重移動ができなかったりしますが、胸を右へと回転させる意識にすることで体重移動も伴ってくると思うんです。

 

5.体を温める

順番的にはこれが一番最初のステップになりますが、人の筋肉というのは冷えている状態だと思うように動いてくれなくて、筋肉は温まった状態が一番よく動いてくれます。

朝一のティーショットをよく失敗される方は・・・もしかしたら、筋肉が温まっていない状態でティーグラウンドに立ってしまったか、練習をして筋肉が一度温まっていても、それが冷えてしまった状態で本番のショットを打っていることもあるのかも、知れません。

ですので、筋肉を温めるということと、本番に合せたタイミングで筋肉を温める・・・ということが大切になってくると思います。

ティーグラウンドに立った時に疲労しているほど、素振りしては意味がありませんが・・適度に筋肉が温まった状態でティーグラウンドに立てるように、ご自分なりにウォームアップに何をするのか、素振りなら何分前に何回程度したらいいのか・・・というのは、試行錯誤してみる価値はあるように思います。

ただ、スポーツ心理学の専門家、市村操一さんによると、体を温めるための素振りはスタートの10分から20分前がいいそうです。

その辺は個人差があると思いますが、1つの目安になると思います。

 

さて、次は冒頭でご紹介した、どうやったら緊張し過ぎずに朝一のショットを打てるのか・・・ということについて考えてみたいと思います。

どうやったら緊張し過ぎずに朝一のショットを打てるのか?

いきなり矛盾したことを言うようですが・・・緊張することはむしろ良いことだと思うんです。

自宅にいるようにリラックスしてプレーした方がいい結果になるとは限らないと思うんです。

オリンピックなど大きな大会になると世界記録が出たりします。

緊張はプレーヤーのパフォーマンスを上げてくれるスパイスのようなものなのかも知れません。

ただ、過度な緊張や不安は反対にプレーヤーのパフォーマンスを下げてしまいます・・・

朝一のドライバーショットで、「OBが怖いな・・・」と思った途端に筋肉は硬くなります。硬くなった筋肉は、思うように動いてくれません・・・だから、皮肉にも思った通りの結果(OB)になったりします・・。

池に入れたくないなと思うと池に入る・・・というのも似たようなことが原因なのかも知れません。

こんな時、何もできないかというとそうではなくて、実はできることがあります。

それは何かというと、筋肉が硬くならないことをする・・・ということで。

筋肉は緊張したり、不安に思ったりした途端に硬くなりやすくなります。

誰もが緊張したり不安になりますし、それはそれで大切なことなのですが、過度に緊張したり不安に思うのは、わからないことについて考えていることが1つの原因かも・・・知れません。

わからないこととは、OBになるかも知れない、よいショットが打てないかも知れない、ボールが曲がるかも知れない・・・といったことです。

考えてもわからないこと、考えても、それをどうにも今、目の前のショットに生かす、もしくは実践することができないこと・・・です。

そんな時にできることがあります。

それは何かと言うと、自分の中で実践できることを1つだけ決めておいて、そこに意識を向けることです。

人は同時に2つのことを考えるのが苦手です・・・だから、何かに意識を向けた途端に緊張や不安が和らぎます。

その意識を向けるものは先ほどの考えてもわからないこと・・・ではなくて、自分で意識して実践できるものである必要があります。

例えば、緊張する場面では、フェースの芯にボールが当たってつぶれているイメージを頭で描きながらアドレスをして、そして、スイングしよう・・・でもいいと思うんです。

そうやってイメージを描くことは自分でできることですから、それを実践することで多少の緊張や不安はあっても、それが過度の緊張や不安に変わらずにすみます。

緊張した時に意識することは、他にも、しっかりと右足に体重を乗せよう・・・でもいいですし、バックスイングで背中をターゲットに向けるようにして回転しよう・・・・でもいいかも知れません。

または、冒頭でもご紹介しましたが、6割の力で打とう・・・と思うことも、意識しないとできませんし、自分で実践できること・・・ですから、そうやってスイングのスピードに意識を持ってゆくのもよい方法かも知れません。

どんなことでもいいのですが、ポイントは自分で意識できること、実践できること・・・です。

例えば、真っ直ぐに飛ばそう・・・と意識するのはダメです・・。
そう思っても、その中に具体的に実践できることがないからです。

自分で実践できること、意識することを決めておいて、朝一のドライバーショットで緊張した時に、それを実践しようとしてみると、不安や緊張をどうにかしようとするよりも、良い結果につながると思います。

この話については、飛ばしたい時に限って飛ばないのは筋肉が硬くなるから、でも何故?でより詳しくご紹介していますので、よろしければそちらも参考になさってください。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。