ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

朝一のドライバーショットを無難に打つ3つの方法

以前に朝一のティーショットを成功させる5つのステップという記事を書かせていただきましたが、今回は朝一のショットを無難に終わらせる打ち方・・・について考えてみたいと思います。

緊張を受け入れるとどう打つべきかが見えてくる

朝イチのティーショットというのは誰もが緊張するものだと思います。

ですが、朝一を特に苦手にしている方は、「緊張してはいけない」と思っているのではないでしょうか・・?

もしそうだとしたら、その考え方が余計にご自分を緊張させているのかも・・知れません。

緊張というのは、なくそうとすると余計大きくなり、受け入れてしまうと小さくなってゆくもの・・だと思うんです。

ですので、緊張するのが当たり前と考えるというか、緊張する自分を許すというか・・・そういうことも緊張した場面でそれなりにショットを打つための1つの方法だと思います。

そうすると、緊張した状態でどのように打てばいいか・・・と具体的に今自分がやるべきことが見えてくるのだと思うんです。

目標を下げる・・・トップ気味でもいい

さて、次にやるべきことは目標を下げる・・・ということかも知れません。

緊張というのは、自分への期待(目標)が高いほどに高まります。大会で優勝しようと思うと緊張はどんどん高まります。

でも、今できることをやればいいさ・・・と思っているとそれほど緊張しなかったりします。

だとしたら、その考え方を最初のホール、または最初のショットだけでも使うというのは1つの方法だと思うんです。

そうすると最初のティーショットはいつもの自分のドライバーショットではなくてもいいわけで、飛ばす必要もないし、ナイスショットをする必要もなくて。

多少トップ気味でも低く飛んで転がればいいや・・・程度に考えておくと案外うまく打てたりすると思います。

体が温まっていないから・・・?

朝一のショットがうまく打てないのは勿論心理的な要因だけではないと思うんです。体が温まっていない・・・ということも1つの要因だと思います。

一度ラウンドがスタートすれば、歩いたり、スイングしたりしている間に体はしっかりと温まって、体も動かしやすくなります。

でも、スタートホールではそれができませんから、そんな時は体が動かないことを前提にしてみてもいいと思うんです。(勿論、以前に書かせていただきましたが、ウォームアップできる時間があればそれがベストだと思います)

具体的にやることは3つです。

1.スタンスを少しだけ狭くする

スタンスをいつもよりも少しだけ狭くしてあげると、体は回転しやすくなります。

特に体が温まっていない時は、バックスイングが浅くなったり、そのせいで体重移動が疎かになったりしますので、そうならないようにスタンスを狭くする・・・という方法もよいと思います。

また、右足のつま先をいつもより少しだけ外側に向けてもバックスイングで回転しやすくなります。

ただ、普段そういったことを試したことがないと、ボールが曲がりやすくなるかも・・・知れませんので、まずは練習場で試されてみてもいいかも知れません。

2.6割程度の力で打つ

軽く打つ・・・6割の力で打つ・・・どのように考えてもいいですが、前に飛べばいいや・・・位の意識で打ってみるといいと思います。

プロの中でも最初の数ホールは軽く振って様子を見る・・・という人もいますので。

体が温まってきたな・・・と思ったら、少しづつスイングスピードを上げてゆけばよいと思うんです。

3.打つまでは体を動かし続ける

スタート前はティーグラウンドで自分の順番を待っている間、ただ立っているだけではなくて、足をパタパタをしてみたり、体を揺すってみたりして、完全に静止してしまうのを避けます。

勿論、他のプレーヤーの邪魔にならない程度に・・・ということですが。

そうすることで、体が少し動きやすくなると思います。

さて、長くなってしまいましたが・・・後は、打つだけです。

ある女子プロの方が、緊張したら練習場で自分が打っているところを思い出す・・・と言っていたことがありましたが、そういうイメージもいいかも知れません。

「これは練習なんだ」・・・そう思ってみるのも1つの緊張対策になると思います。

僕自身は、緊張した時ほど、「あぁ、ゴルフができて僕はラッキーだなぁ・・」と思うようにしています。

大袈裟かも・・知れません。

でもゴルフのことを考えられないような経済的に余裕がなかった頃と言いますか、そんな時があったのでそんなことを思うと、あぁ、ゴルフができることってありがたいことだなぁと・・・思ったりします。

そういうことは忘れないでいたいなと思っています。

いつもお読みいただいて、本当にありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。