ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

アイアンで高い球を打つ5つの方法

アイアンで高いショットを打つにはいくつかのポイントがあります。

1.クラブを長く握る

グリップをする際は、短く持たずに長く握ります。

こうすることでヘッドスピードが上がり、同時にバックスピンも増えますので、ボールは高くあがります。

2.ボールの位置

高い球を打つ際はボールの位置をボール1個からボール1/2個分、いつもより左にセットします

ボールをいつもより左にセットすると、引っ掛けが出ることがありますので、その点には注意します。

アイアンの場合、通常は緩やかなダウンブローで打ちますが、高さのあるショットを打つ場合には、さらに緩やかなダウンブローもしくは、ボールを真横から捉えるようなイメージで打つことがポイントです。

ダウンブローで打つ時はインパクトでハンドファーストになるように意識することがポイントですが、高さのあるボールを打つ際は、ハンドファーストではなく、極端な言い方をすれば、ヘッドが先行するような意識でもいいかも知れません。

3.体重を少しだけ右足に多くかける

さらに高いボールを打ちたい場合は、アドレスで体重を右足に少し多くかけます。

こうすると、背骨もいつもよりも右に傾きますので高いボールが打ちやすくなります。

4.フィニッシュを高めに

フォロースルーを高くするようなイメージで振ることも1つのポイントで、タイガー・ウッズなどは高いボールを打つ際に、高めのフィニッシュを意識すると語っています。

5.飛距離も出しながら高いショットを打つ

木が邪魔になっていて、高く打たなければならない、でもグリーンまでそこそこの距離があった場合などはどうしますか。

ここまでご紹介した高さのあるショットの打ち方を実践すると、高く打てても飛距離が落ちると思うんです。

その場合は、例えば、1つもしくは2つ番手を上げて(例:7番アイアンの代わりに6番アイアンなどを持って)、フェードを打つという方法が効果的です。

この場合のフェードの打ち方ですが、フェースを開いてからクラブを握ります。

フェースを開いた分だけボールは右に曲がりますから、その分だけ左を向いて構えます。後は、スタンスに沿ってスイングする・・・というイメージです。

フェードの打ち方でも詳しくご紹介していますので、そちらも参照いただければと思います。

ポイントはフェースを開いた後にグリップを握り直す点です。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。