ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

引っ掛けの原因と直し方とは?

今回はドライバーやアイアンの引っ掛けの原因と直し方について、ご紹介させていただきたいと思います。

原因は何か?

引っ掛けといってもいくつかタイプがあると思います。
その2つですが・・・

1つ目は最初から真っ直ぐに左に飛んでゆく引っ掛け
2つ目は左に飛び出してさらに左に曲がってゆく引っ掛け

両方のタイプに共通している点はアウトサイド・インのゴルフスイングだと思います。

クラブヘッドの軌道に対してフェースがスクウェアだった場合は1つ目のタイプになり、その軌道に対してフェースが閉じていれば2つ目のようなショットになります。

アウトサイド・インの軌道とは、ダウンスイングで、クラブヘッドが飛球線より外側から降りてきて・・・飛球線の左(内側)に抜けてゆく軌道のことを言います。

言い方を変えると、カットスイング・・・ということになりますが、これはスライスの原因になることもあります。

インパクトで、クラブヘッドの軌道に対して、フェースがスクウェアなら引っ掛け、開いていれば、スライスが出ます。

じゃあ、そもそも何故、アウトサイド・インのスイングになってしまうのか・・・ということですが、大きくわけて理由は2つあると思うんです。

1つはグリップです。グリップがその方にとってウィークグリップだった場合・・・スイング中にフェースは開きます。当然インパクトでも開いてしまいやすくなるわけで・・。

すると、スライスが出てボールが右に飛んでゆきます。

右に飛ばしたくないと思った時、グリップを変えない限り、左に思い切り振るしかないわけで・・・それが引っ掛けとなります・・。

この場合はグリップを直すことで、自然と・・・引っ掛けも直ることがあります。

グリップについてはゴルフ基礎編グリップを参照いただければ幸いです。

アウトサイド・インのスイングになってしまうもう1つの原因は・・・ボールの位置だと思います。

ボールの位置についてはボールの位置とその基準についてで1つの目安をご紹介させていただきましたが、それよりもかなり左にボールを置いていらっしゃる場合は、そのボールの位置が引っ掛けの原因にもなることがあると思います。

ボールの位置と打ち出し方向

引っ掛け、そしてスライスというのはセットのようなもので・・同じような原因がそこにはあったりします。この2つに共通する点の1つはボールの位置です。

左に置き過ぎている・・・という点が共通するかも・・知れません。

自分にとって正しいボールの位置というものがあると思うんです。その位置はポイントというよりもエリアと呼んでもいいかも・・知れませんが。

そのボールの位置よりも左であれば引っ掛け、右であればプッシュアウトが出やすくなります・・。

これはあくまでもショットの打ち出し方向の話で、その後にインパクトでのフェースの向きによって左や右に曲がることもありますから、打っている時は最初の打ち出しというのはなかなか確認できないこともあるかも・・知れません。

そこでご友人などに手伝ってもらって、この打ち出し方向を確認して、修正してゆく・・・という練習方法がありますので少しご紹介いたします。

まず10ヤード先のポイントや何か目印になるものをターゲットにして構えます。

そのターゲットとボールを結んだ飛球線に対して、両足、両肩、腰、両膝のラインが平行になるように構えます。クラブを体に当ててみると平行かどうかが分かります。

次にご友人などに真後ろに立ってもらい、打ったボールが10ヤード先のポイントの左右どちらかを通過したかを見てもらいます。

引っ掛けが出ている方はこのポイントより左を通過していると思います。

その場合は、ボールが目印よりも右に出るまで、ボールの位置を右へとボール半個づつ・・・移動し続けてみます。

ボールがスライスしても構いません。スライスを直すのは後にして、軌道を最初に修正してゆきます。

ボールが10ヤード先のポイントを通過するようになったら、今度はグリップを変えてボールの曲がり具合を修正してゆきます。

グリップに関してはゴルフ基礎編フックグリップの握り方でご紹介させていただいたように握っていただくことで、右に曲がるスライスを修正してゆけると思います。

後はご自分なりにもう少しフックグリップで握ってみたり、上記のページでご紹介しているフックグリップより少しウィークにしてみたり・・・という風に調整されるといいかと思います。

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。