ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ゴルフ初心者ですが、トップがどうしても直らない原因は何でしょう?

ゴルフなんてやったこともない・・・という方がいました。

でも旦那さんに影響されてゴルフをはじめてみたものの、トップばかりでボールを芯でとらえることができない状態が続きました。

ちょっと当たるようになったかな・・・と思うと、次は全く当たらない・・・この繰り返しで何年も経ちました。

彼女はフックグリップで握っていたので、当たったときはドローボールが出ていましたが、ミスショットはほぼすべてトップでした。ダフリはあまりありません。

ボールに当たらない状態が何年も続いた最大の理由は・・・、理論ばかりを頭に詰め込み過ぎて混乱されていたことかも知れません。

ゴルフスイングについてあれこれ教えられ、それを実践しようとしているうちに一番大切なことを体得せずにいたわけです。

それは、ゴルフクラブを自分の手足のように感じること。

ゴルフスイングの欠点をチェックするための練習方法でも紹介しましたが、野球のイチロー選手は「バットの先まで(自分の) 神経が行き届いている」といった発言をしています。

イチロー選手ほどの感覚を得るのは難しいかも知れませんが、クラブを自分のものにすることは誰にでも可能だと思います。

そのためには、クラブに触れている時間を長くすることです。テレビを見ている時間もクラブを握っていたり・・・色々な工夫はできるのかも知れません。

どうしても直らないトップを克服する

トップだけでなく、ダフリもゴルフでは多いミスの1つです。しかも、そういったミスは初心者だけでなく、中級者や上級者の方にもあります。

トップやダフリが止まらなくなったら、まずボールを打つのはやめてみます。

そして素振りをします。素振りをする時は何も考えないようにします。フォームなどのことを考えるのはその時はやめてみます。

ただ、1つだけやっていただきたいことがあります。

素振りをする時はマットにどこか目印をつけて、そのポイントに当たるようにして素振りをしてみます。

芝生の上で素振りができる場合は、枯れた芝でもいいですし、落ち葉などでもいいです。何か小さい目標を作って、その目標に当たるようにして素振りをします。

この素振りは狙ったポイントに毎回当てられるようになるまで、何日でも、何ヶ月でも続けてみます。これができない状態で、スイング改造をしてもまたもとに戻ってしまうと思うんです・・。

それから、練習場にティーがあれば、そのティーを打つ練習でもいいかも知れません。いずれにしてもボール以外の何かを目印にしてスイングするといいと思います。

特に初心者の方にとってはおすすめの練習方法だと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。