ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

ゴルフスイングのトップでのシャフトの向き「クロスとレイドオフ」

ゴルフスイングのトップでのクラブフェースとシャフトの向き・位置・・・ではトップの位置でのシャフトの向きについて簡単にご紹介しましたが、今回はもう少し詳しくトップでのシャフトの位置や向きについて書かせていただきたいと思います。

トップでのシャフトの位置

ゴルフスイング(バックスイング)のトップ、切り返しに入る直前では、シャフトがこのような位置にあるといいですよ・・・という基本のようなものがよく語られることがあります。

ボールとターゲット(目標)を結んだ線を飛球線もしくはターゲットラインと言いますが、この飛球線に対して、トップでのシャフトがその飛球線に平行だと一般的にはシャフトは正しい位置にある・・・ということになります。

1)クロス(アクロス・ザ・ライン)

この正しい位置(あくまでも一般的に・・・ということで、これについては後程書かせていただきます)に対して、シャフトがそれよりも右を指していると・・・(つまり、ターゲットであったり、ターゲットよりもさらに右を差している場合などなど)、シャフトがクロスしている・・・もしくはアメリカなどではアクロス・ザ・ラインなどと呼ばれます。

シャフトがクロスしていると、ダウンスイングでインサイドから振り過ぎてしまう傾向があり、フックであったり、プッシュアウトの原因にもなります。

2)レイドオフ

クロスとは逆、つまり、上記の「正しい位置」よりもシャフトが左を指している場合は、レイドオフなどと呼ばれることがあります。

この状態だと、アウトサイド・インのスイングになりやすかったり、スライスや引っ掛けの原因になるとも言われています。

本当の原因はグリップにある

ご自分のスイングを撮影されたりして、上記のようにシャフトがクロスしていたり、レイドオフになっているのを見て、それをどうにかされようとする方もいらっしゃるかも・・・知れません。

でも、それはやめた方がいいかも知れません。

・・・というと語弊があるかも知れませんが、スイングを直接いじるのは最後にされた方がいいかも・・知れません。

というのも多くの場合、このトップでのシャフトの向きは、グリップの握り方が直接的な原因になっているから・・・です。 

例えば、こんな実験をよかったら、一緒にしてみませんか・・・・?

1)まず、普段通りにグリップします。次にバックスイングをしてゆきますが、あえて実験のために、両腕を右に意識して回転させるようにしてバックスイングをしてみてください。

フェースをバックスイングをしながら、思い切り開く形になりますが、このようにして両腕を右に回転させるようにしてバックスイングしてトップまで来ると、レイドオフの形が出来上がると思います。

2)次はこの反対をやってみます。

バックスイングの際に今度は両腕を反対の方向、左に回転させるようにしながら、バックスイングしてみます。フェースを思い切り閉じながらバックスイングする形です。

こうやってトップまで持ってくると、シャフトがクロスする形が出来上がります。

1)でやったのは、ウィークグリップで握った場合に起こっていることと似ています。自分にとって、そのグリップがウィークグリップだった場合・・・バックスイングの最中に両腕がわずかに右に回転するような形になります。

これはつまり、フェースが開いている・・・ということになります。

これをやると、レイドオフになります。

2)でやったのは、その反対で、自分にとってフックグリップ過ぎた場合、両腕がわずかに左に回転しながら、バックスイングする形になると思います。フェースを閉じながら・・・ということになると思います。

するとトップではシャフトがクロスします。

・・・ということで、シャフトの位置を変えるにはグリップを変えた方がいい・・・・ということになりますし、スイングそのものを変えるのはその後でも遅くはないように思います。

クロスしてもいいケース

ただ、この正しい位置・・・というのはその人によっても違います。クロスしていた方がいいという方もいると思いますし、レイドオフでもいい・・・という方もいると思います。

プロでも、クロスしていたり、レイドオフの場合もあります。それは打ちたいボールであったり、自分にとっての正しいグリップの違いだったり・・しますから。

また、シャフトがクロスしても問題ない・・・ということもあります。

全盛期のジャック・ニクラウスは自分のスイングについて、「トップではシャフトがクロスしていた」と語っています。でも、それは間違いではないと言うのです。

何故かというと、ニクラウスのバックスイングでの肩の回転が90度を超えていたから・・・です。

トップでの正しいシャフトの位置・・・というのはあくまでも目安ですが、その位置は、肩が90度前後回転していることを前提にしているのではないかなと思います。

ですから、ニクラウスのように大きく体を回転させて、肩が90度以上回転している場合は、シャフトがクロスしていても問題はないと思います。

体の柔らかい方や女性のゴルファーの方も体が柔らかくて、バックスイングで大きく回転している方もいますが、そんな方はトップでシャフトがクロスしていても、問題はないと思います。

ちなみに、ニクラウスの場合は、トップでシャフトがターゲットかそれよりも少し右を指している程度が理想だったと言います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。