ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーはスライスかフックしか打てない

アイアンは問題ないんです。フェアウェイウッドも大丈夫。

ただ、ドライバーだけ打てないんです・・・という方がいました。こういう方って結構いらっしゃると思うんです。

この方の場合、ドライバーでどんなボールを打っていたかというと、スライスとフック。

スライスは真っ直ぐに出て右に曲がるスライス。フックボールは左に大きく曲がるフック。とてもドローボールとは言えないようなショットでした。

どちらにも曲がっていたわけですが、どうもスライスを嫌がってフックを打とうとしていたようです。

これはこれで間違いではないと思うんです。当サイトでもスライスを直すためにフックを打つことをおすすめしています。

何が原因だったのかというと・・・

彼にアイアンはどんなボールを打っていたのかとお聞きすると、大きく曲がるドローボールですと教えていただきました。

フェアウェイウッドも同じようなフックボールを打っていたようです。

それでドライバーもその延長線上で打とうと何年も試行錯誤してきたそうですが、どうしても打てなかった。

それでもタイミングがあった時は、気持ちのいいドローボールが打てて、飛距離もかなり出ていたようです。

でもそういうショットを安定して打てることはなかったそうです。

何より一番困っていたのは、ドライバーだけ飛び出すスライス。ほとんどフックでたまにスライス。何も考えずに打とうとするとスライスが出たそうです。

このフックとスライス。全く逆のボールですが、彼の場合は同じことが原因でした。

まず、最初の問題はフックボールです。もともとはスライサーだったのでフックを打とうと思ったそうです。

そこまではよかったのですが、大きく曲がるフックボールを打とうとし過ぎていたのだと思います。

アイアンではそれでもいいと思います。

7番アイアンなら、いくら曲げても大丈夫。3番ウッドまでなら、大きく曲がるフックボールも打てます。このボールだとそれなりに飛距離も出ますし、つかまった強いボールになります。

でもドライバーはダメです。ロフトが少なすぎるからです。10度とか11度のロフトのドライバーで大きく曲がるフックを打とうとするとロフトが極端に立ってしまって(例えば、5度とかになってしまい)、飛距離の出ない低いフックボールが出ます。

バックスピンも極端に少なくなるので、ショットも高く上がらない、いくらドローボールは飛距離が出るといっても、このようなフックボールでは飛びません。

そして何より、他のクラブで感じていたようなインパクトの感触、ボールを捉えたような感触は得られないのではないかと思います。

それでもこの打ち方がやめられなかったのは、アイアンやフェアウェイウッドで飛距離が出ていたのと、もう1つはドライバーで時折飛び出すスライスが原因だったようです。

何故スライスが出ていたのか?

スライスが出ていた原因は、フックを嫌がったためです。低くて飛ばないフックを打った直後にそれを避けようとしてフェースを開いてしまいスライスが出ていた。

アイアンではその心配がありませんでした。

アイアンはロフトがあるので、大きく曲がるフックを打っても飛距離は出ていたし、インパクトの感触が良かった。だから、躊躇なくインパクトでフェースを閉じることができたので、スライスもでませんでした。

ところが、ドライバーではロフトが少なすぎて、飛距離は出ないし、芯で打った感じもしなかった。

だから、インパクトでフェースを閉じてゆくことを時折躊躇したのだと思います。

特に低くて飛ばないチーピンを打った後は。そんな時に出ていたのがスライスだったわけです。

はじめに直すべきだったのはフック

彼の場合、まず最初に直すべきだったのは、フックボールの方です。ところが、もともとスライサーだった彼はスライスを嫌がった。

だから、いつまで経ってもドライバーが思うように打てませんでした。

そこで、彼に、スライスが出てもいいので、まずアイアンでフックボールの曲げ幅を少なくしてゆくようにしてもらいました。

それを実践した彼のアイアンショットは最終的にはストレートに近いショットになっていきました。

それでもこの打ち方だとドライバーでスライスが出るのでは?と彼は思っていたそうです。

次にドライバーも同じようにしてもらいました。

まず、あの低くて飛ばないフックボールを直してもらいました。

スライスが出てもいいから、真っ直ぐに近いドローボールを打つようにしてもらいました。

すると、芯を食ったような感触があって、それが一番驚いたそうです。

それもそのはず、今まではロフトが極端に立った状態でボールを打っていたのですから。

たまにスライスが出ましたが、それ以外はこれまでと違い飛距離の出るドローボールかストレート系のボールになりました。

彼の場合、スライスを完全になくしてしまうために、極端なフックを打とうとしていたわけです。

確かに、それでアイアンのスライスはなくなりましたが、ドライバーが打てなくなっていた。

スライスをフックに変えるのが第一のステップで僕はいいと思うんです。でもそれが出来たら、次のステップに進んでみてもいいかも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。