ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

【ゴルフ】フルスイングはいらない?プロはフルスイングをしないって本当?

こんにちは。ゴルフ総研の森です。

今回は、フルスイングについて、具体的には、

といったことに解説していきたいと思います。

目次

「江連忠のザ・エフォートレス・パワー」あのタイガーも実践の軽く振って飛ばす方法がここにあります

フルスイングはいるか?いらないか?

フルスイングとは、マン振りとも言ったりしますが、100%の力でクラブを振ることを言います。

プロとアマチュアを比較すると、アマチュアの方がフルスイングをしている人が多く、プロはフルスイング(=100%の力で振ること)は実はそれほどしません。

以前、ゴルフダイジェストが女子プロ12人を対象に行った「フルスイングを(100%の力でスイング)することはありますか?」という調査では、

「いつもしている」・・・0人
「たまにする」・・・5人
「殆どしない」・・・4人
「全くしない」・・・3人

といった結果になっています。

この結果を見てもわかりますが、常にフルスイングをしている女子プロはゼロ。フルスイングをすると答えたプロでも「たまにする」程度です。

つまり、プロはフルスイングをあまりしないわけですね。

何故、プロはフルスイングをしないかと言うと、ショットが安定しないからです。

フルスイングはヘッドスピードは上がりますが、ヘッドの軌道がどうしてもブレやすくなります。それはプロであってもそうなんですね。

だから、これは後ほどご紹介しますが、あのタイガー・ウッズも8割の力を超えてスイングしないようにしていると語っています。

フルスイングはいるか?いらないか?

という話に戻しますが、いるか、いらないかと言われたら、常にフルスイングをする必要はないです。

ただ、ここぞという場面でフルスイングをするのもゴルフの醍醐味だと思うんですね。

特にアマチュアの場合は、プロと違って仕事としてやっているわけじゃなく、純粋に楽しむ目的でやっている方が多いと思います。

ドライバーを思い切り振って飛ばすというのも、やはり楽しいものですし、気持ちもスッキリします。

ですので、フルスイングを常にする必要はありませんが、場面によってフルスイングをしてゆくというのも1つの楽しみ方かなと思います。

プロは何割の力でスイングしているか?

少し話が変わりますが、プロは普段、何割位の力でスイングをしているのでしょうか?

これは結論からお伝えすると、プロの場合は7~8割の力でスイングする人が多いです。

以前、ゴルフ雑誌「GOLF TODAY」が日本の女子プロを対象に行った調査では、女子プロの多くは「7割から8割程度」の力でスイングしている人が多いという結果になっています。

また、ゴルフダイジェストが女子プロ12人を対象にした調査では、12人中11人が7~8割の力でスイングすると回答しています。

そして、これは先ほどご紹介しましたが、タイガー・ウッズも8割の力を超えてスイングをしないようにしていると語っています。

アマチュアは何割の力でスイングするのがいいか?

最後にアマチュアの場合は、何割の力でスイングするのがいいか?

ということですが、僕のおすすめは6~8割の力でスイングをすることです

迷った時は、まず6割の力でスイングをしてみてください。初心者の方の場合も最初は6割の力でスイングすることをおすすめします。

これは練習もコースも一緒です。

以前、女子最強と言われた、アニカ・ソレンスタムという選手がいましたが、彼女は常に6割の力でスイングをしていました。

彼女はドライビングディスタンスの部門で一位にもなったことがあるのですが、平均飛距離で見ると、意外とフルスイングよりも6割程度の力の方が飛ぶこともあったりしますので。

また、中級者以上の方は、練習で6割、7割、8割とスイングのスピードを変えていって、自分が一番安定してショットを打てるスピード、力の割合を6~8割の間で探してみるといいかと思います。

ということで、今回は、

といったことについて見てきました。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。