ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーの芯に当たらない

ドライバーの芯にボールが当たらないと、飛ばないのでもっと速く振ろうとしてしまうことがあります。

するとミート率が下がってもっと飛ばなくなります。

こんな時、プロはどうしているのか・・・というと、飛ばしたい時こそ速く振ることよりも、強くボールに当たることをイメージして打っているようです。

振ることよりも、芯に当てることに意識を持って行くには、例えば、バレーボールなどの大きなボールを打ってみること・・だと思います。

・・・といっても実際にはそんなことができる場所は殆どないので・・イメージの中で・・・ということですが。

バレーボールは大きくて芯を外すと手も痛いですから、芯に当てることに意識が向きます。

実際にバレーボールをクラブで打つ機会があっても・・・軽く当てる意識ならOKですが、本気で打とうとすると手を痛めますので・・どうか気を付けてください。

より小さな部分に集中する

例えば、バレーボールのような大きなものを手で打つ時は(スパイクする時は)、ボールのどこを手のどの部分で当てるか・・・ということに意識が向くと思います。

とにかく速く腕を振ろうとだけ考えているわけではないと思うんです。

ゴルフでもボールそのものというよりももっと具体的にどこを打つか・・・を考えて打つと芯に当たりやすくなります

例えば、ボールの後ろに意識を向けて打ってみます。

他に面白いイメージというか方法があります。

それは、ボールの後ろにクギが少しだけ刺さっているとイメージしてください。

そのクギをドライバーのフェースでボールに向かって打ちこむイメージでボールを打ちます。

クギというボールよりも小さなものを目印にすることで芯に当たる確率もぐっと増えるかも・・知れません。

ティーアップの高さが原因かも・・・

もう1つ考えられるのが、ティーアップの方法というか高さです。

ティーアップが低すぎる・・・という方は少ないかも知れませんが、芯に当たらないということは、ティーアップが高すぎるのかも知れません。

高いティーアップが悪いと言っているわけではありません。

むしろ高めのティーアップの方が飛距離や正確性でも有利という実験結果がある位ですから。

問題はティーアップをかなり高くして、ヘッドを地面にソールして(つけて)構えている場合です。

例えば、ボールがヘッドよりも3分の2以上出ているような高いティーアップの場合、アドレスした場所にインパクトでヘッドが戻ってくるとテンプラが出ます・・。

そこで、無意識にヘッドを地面から浮かせるわけですが、ヘッドを地面から浮かせるとヘッドが体から離れて、フェースのヒール寄りで当たってしまうのです。だから、どうしても芯に当たらない。

いや、芯に当てることはできるのでしょうが、無理に当てることになるので飛距離が全く出ず、気持ちいいショットにならなかったりします・・。

いつもティーアップをかなり高くしている人が、気持ちよく芯に当てるには、アドレスでヘッドを地面から浮かせ、ボールの真後ろに構えた方が(ティーアップがかなり高い場合は)ヒール寄りの当たりが改善されると思います。

芯に当たらない時はミドルアイアンに戻して打ち直す

ちょっとした何かが違っているだけで・・フェースの芯に当たらない・・・と感じる時があったりします。

プロでも同じで、松山英樹プロも練習していてドライバーが芯に当たらないなぁと・・感じる時があるそうです。

そんな時、松山プロは何とかドライバーの芯に当てようとするのではなくて、一度、ミドルアイアン(7番アイアン、8番アイアン)に持ち替えて、まず、ミドルアイアンでもう一度芯で打つ練習をするそうです。

その2本(7番アイアン、8番アイアン)でスイングを作り上げるそうで・・・ミドルアイアンで芯に当たると感じた後に、また番手を上げていって3番ウッドですとか、最終的にはドライバー・・・という風にして練習してゆくそうです。

勿論、技術的なことで芯に当たらないというケースもありますが、そういったその日のちょっとした調子でドライバーが当たらない時もあると思うんです。

そんな時は一度ドライバーを置いて、ミドルアイアンに戻してそこから調子を上げてゆく・・・という方法もいいのかも知れません。

スプリットハンドで芯に当てる

ドライバーの芯にボールが当たらない・・・ということでここまで見てきましたが、もう一つ簡単にできる練習方法がありますので、ご紹介します。

ドライバーを5割程度のスイングスピードで打ってゆくのですが、いくつか、いつもとは違うことをします。

1)スプリットハンドにする

グリップですが、スプリットハンドにします。

いつも通りグリップをしたら、右手を少し下げて、握り直してみてください。

グリップを握った時、左手と右手に間が空くような形になります。

右手は5センチ程度、または親指の長さ程度、下に下げて握ってみてください。

テンフィンガーグリップに似ていますが、右手を左手から少し離して握ります。

2)ティーアップは高め、ヘッドは浮かせる

ティーアップですが、練習場のティーの一番高い位置に持ってきます。

そして、ヘッドは地面から浮かせて、ちょうどボールの後ろに来るようにして構えます。

この状態でボールを打ってゆきますが、最初は素振りから始めてみてもいいかも知れません。

素振りをしたら、次はティーだけを打ってみます。

毎回ティーに当たるようになったら、実際にボールを打ってみます。

スイングは4割からせいぜい5割程度の力で。ボールを遠くに飛ばしてはダメです。芯に当たったら100点だと思って打ってみます。

スプリットハンドで打ってみると、両手の使い方と言いますか、リストターンであったり、そういったものが感覚としてつかめることがあります。

ボールのつかまりが悪いな・・・と思ったら、ややハンドファーストにして構えて、そして、右手をほんの少し右に回転させてから握り直してみてもいいかも知れません。

左手もいつもよりもややフックグリップで握ってみてもいいかも知れません。

スプリットハンドだと、右手だけ・・・とか、左手だけ・・・という風にグリップの試行錯誤がしやすいと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。