ホーム > はじめてのゴルフ >
はじめてのゴルフ

ゴルフ場にスニーカーを履いていってもいいか?行き帰りとプレー時の靴のマナー

前回、はじめてのゴルフ場。服装のマナー 「男性・女性編」ではゴルフ場に行く際の服装のマナーについてご紹介しました。

その時も少しご紹介しましたが、今回は入退場時(行き帰り)、そして、プレー時にスニーカーは履いても(履いて行っても)大丈夫か?ということについて、少し詳しくご紹介したいと思います。

ゴルフ場にスニーカーを履いていってもいいかどうか?というのは、案外、多くの方が疑問に思われていることではないでしょうか。

少し後で詳しくご紹介しますが、最初に簡単にご説明すると、スニーカーを履いて行ってもいいコースとスニーカーはNGのコースがあります

つまり、スニーカーを履いていってもいいかどうかは、コースによるということになります。

入退場時(行き帰り)

男性の場合も女性の場合もそうなのですが、スニーカーや運動靴は冒頭でもご紹介した通り、履いていっても大丈夫なコースと、スニーカーを履いて入場することを禁止しているコースがあります。

コースによっては、入場時のドレスコードとして、スニーカーは禁止しますと明記しているコースもありますし、一方で、スニーカーについては触れていないコースもあります。

ですので、プレーする前に一度、そのコースのホームページなどでドレスコードの記載があるかどうか、確認してみてもいいかも知れません。

ちなみに、高級なコース、名門コースになるほど、ドレスコードには厳しい傾向がありますし、パブリックコースの場合は、それほど服装には厳しくないコースもあります。

ただ、これはコースにもよりますので、念のために、確認しておくといいかも知れません。

基本的な靴に関するマナー

ではもし、ドレスコードの記載がホームページなどにないような場合はどうしたらいいでしょうか?

以前にゴルフ場を対象に行われた調査では、ドレスコードがあると答えたゴルフ場は全体の80%でした。

ですので、ドレスコード自体は存在することが多いかと思うのですが、例えば、ホームページなどにドレスコードの記載がない・・・ということもあるかも知れません。

そういった場合はどうしたらいいか?
スニーカーは履いていってもいいのか?

ということですが、靴は基本的には革靴か革靴タイプの靴であれば間違いないと思います。

ドレスコードにスニーカーは禁止という記載がない場合は、スニーカーでもOKですが、ドレスコードがわからない場合は、できれば、スニーカーは避けておいた方がよいかも知れません。

その際は、先ほどの革靴か、革靴タイプの靴であれば間違いないです。女性の場合は、低めのヒールもOKです。

サンダル、スリッパ、下駄などはNGです。女性の場合も男性と一緒で、サンダルなどはNGのコースが多いです。

ゴルフシューズを履いていくのは?

また、ゴルフシューズを入場時に履いてゆくという方法もありますが、コースによっては、入場時にゴルフシューズを履いてゆくことをNGとしているコース※もあります。

※ゴルフシューズはロッカー室で履いてくださいとホームページなどに明記しているコースもあります

ですので、ゴルフシューズを履いてゴルフ場に行くのも、ドレスコードがわからない状態では、避けておいた方が無難かも知れません。

ゴルフ場に履いてゆく靴に迷った時は、ちょっとした高級レストラン、高級ホテルに行くような感じで考えるといいかも知れません

そのような形で考えると、ほぼ間違いないと思います。

ここで簡単にまとめると、ゴルフ場にスニーカーを履いて行ってもいいかどうかはゴルフ場によります。迷った時は、革靴にしておけば間違いないと思います。

プレー時

次に、プレーする時はスニーカーを履いてもいいか?ということについて見てみたいと思います。

ゴルフシューズの選び方 4つの重要なポイントとは、ゴルフシューズの選び方をご紹介しましたが、ゴルフシューズにも大きくわけて、2つのタイプがあります。

それが、スニーカータイプと革靴タイプです。

プレーする際ですが、このスニーカータイプのゴルフシューズであれば、全く問題ありません。

スニーカーそのものも、モノによっては、スニーカータイプのゴルフシューズと見分けがつかないかも知れませんが、避けた方が無難だと思います。

マナーという意味でもそうかも知れませんが、一般のスニーカーとスニーカータイプのゴルフシューズは見た目は似ていても、中身は全く違います。

スニーカータイプのゴルフシューズは芝の上でスイングしても滑らないように設計されていたり、ゴルフ場というある意味、過酷な状況で使用することを前提に作られていますが、一般的なスニーカーはそうとは限りません。

ちなみに革靴タイプのゴルフシューズと比較して、スニーカータイプのゴルフシューズの利点は、軽くて、履き心地がいいこと、疲れにくいことが挙げられます。

一方、スニーカータイプのゴルフシューズの欠点は、防水性、そして、耐久性が革靴タイプに比べると劣る点になります。

スニーカータイプにもそんな風に利点と欠点があるのですが、もし、靴を定期的に買い替えてもいいとお考えの方はスニーカータイプもいいかも知れませんし、靴は長く使いたいという方は革靴タイプの方が、もしかしたらいいかも知れません。

少し話がそれましたが、

簡単にまとめると、プレー時は、スニーカーそのものは避けた方が無難ですが、スニーカータイプのゴルフシューズはOKです。

実際のところはどうなの?

さて、ここまで入退場時とプレー時にスニーカーを履いてもいいか?ということについて色々と見てきました。

このように記事としてお伝えする場合は、読んでくださる方がどんなコースに行かれるのかがわからないわけで、どうしても、ドレスコードが厳しいコースに行かれることも考えてこのような書き方になりますが・・

ただ、実際のところはどうなのか?というと、勿論、これはコースによっても、またはその地域によっても事情は変わってきますが、スニーカーで行っても問題ないことが案外多いかも知れません。

もっとも、ここまでご紹介したようにドレスコードが厳しいコースも沢山あるのは事実です。

ただ、例えば、ホームページにドレスコードの記載がないコースの場合は、恐らくは、それほどドレスコードには厳しくないのではないかなと思いますし、その場合は、スニーカーを履いていっても問題ないことの方が多いかも知れません。

先ほどもご紹介しましたが、ある調査ではドレスコードがあると答えたゴルフ場は全体の80%程度でした。

ドレスコードがあると答えたゴルフ場の中で、ドレスコード違反者に対して注意をしない、または、あまり注意をしないと答えたゴルフ場はおよそ50%程度でした。

勿論、これはその時代によっても変わってくるかも知れませんが、ホームページにしっかりと記載しているコースや高級コース、名門コースではない限り、スリッパやサンダルは勿論ダメですが、スニーカーの場合は履いていって問題になるケースは少ないかも知れません。

ただ、大丈夫かなと思いながらスニーカーを履いてゆくよりは、最初は、今回ご紹介したような形、靴も含めて、多少フォーマルな服装、ちょっとした高級レストランに行くような服装で行くのが間違いないかと思います。

まずはそんな服装で行ってみて、行った際にスタッフの方に質問してみたり、または、周りのプレーヤーがどんな格好で入場しているかを確認してみてもいいかも知れないですね。

最後まで記事にお付き合いいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。