ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

ハンドファーストとハンドレイト。構え方とインパクト。ドライバーについても

今回は、ハンドファーストとハンドレイトについてご紹介してゆきたいと思います。

ハンドファーストとは?

ハンドファーストとは、アドレスをした際、両手(グリップ)がクラブヘッドよりも前(ターゲット寄り)にあることを言います。

ハンドレイトとは?

反対に、ハンドレイトとは、アドレスをした際に、両手がクラブヘッドよりも後ろ(ターゲットと反対方向)にあることを言います。

ハンドファースト、そして、ハンドレイトですが、アドレスでの両手の位置について説明する際に使われること以外にも、インパクトでの両手の位置について語られる際に、ハンドファーストとか、ハンドレイトという言葉が使われることもあります。

今回は、アドレス、そして、インパクトでのハンドファースト(ハンドレイト)について、また、それがショットやスイングに具体的にどのような影響を与えるのか?ということについて見てゆきたいと思います。

また、ハンドファースト(ハンドレイト)とスライス、フックボール、飛距離の関係についても詳しくご紹介したいと思います。

目次

正しいハンドファーストの構え方

ハンドファーストとハンドレイトですが、結論から申し上げると、ドライバーを除いた※、ウッドやアイアンは、ハンドファーストに構えないと、スイング中、そして、インパクトでフェースが開きやすくなります。

言い換えると、ハンドレイトで構えてしまうと、フェースが開いて、スライスが出たり、インパクトでロフトが増えて、出球が高い弾道にはなるのですが、飛距離が出ないショットになるケースも多いです。

※ドライバーの場合は別で、それについては後述します

何故ハンドファーストにしないとフェースが開くのか・・?ということの前にまず、ハンドファーストの構え方についてご説明したいと思います。

ハンドファーストに構えるには、1)両手の位置と、2)ボールの位置が大事になってきます。

ハンドファーストというと、どうしても両手の位置に意識が向きますが、ボールの位置も同時に重要になってきます。

というのも、両手の位置が正しい位置にあっても、ボールの位置が間違っていれば、ハンドレイトになってしまったり、極端なハンドファーストになることがあるためです。

1)両手の位置

まずは、両手の位置ですが、アドレス時のグリップ(両手)の正しい位置とは?でもご紹介した通り、アドレスで構えた際に両手が左足太もも内側の前に来るようにします。(右利きの方の場合)

特にスライサーの方の場合は、この両手がズボンのジッパーの前に来てしまっていることが多いです。(ハンドレイト)

この形だと、インパクトでフェースが開きやすくなります。

ですので、アドレスで構えた時は、この両手が左足太もも内側の前に来るようにしてみてください。

2)ボールの位置

さて、次にボールの位置になりますが、ボールの位置:ドライバーからサンドウェッジまででご紹介した形にします。

上記の記事でも書かせていただきましたが、これはあくまでも目安で、そのゴルファーのタイプによって、または、持ち球によっても多少変わってきてもいいと思います。

サンドウェッジから9番アイアン

スタンスの真ん中

ミドルアイアン

スタンス中央からボール1個程度左

ユーティリティ~フェアウェイウッド

ミドルアイアンとドライバーのボールの位置の間

ドライバー

左足かかと線上

ボールの位置:ドライバーからサンドウェッジまで

冒頭で、ハンドファーストとは、アドレスをした際、両手(グリップ)がクラブヘッドよりも前(ターゲット寄り)にあること・・・と書かせていただきましたが、

1)両手の位置が左足太ももの前
2)ボールの位置が上記のような形

・・であれば、アドレスした際に両手がクラブヘッドよりも少し前に来る形(ハンドファースト)になると思います。

ただし、ドライバーの場合は、後ほどご紹介しますが、ボールの位置次第ではハンドファーストではなくても結構です。

両手を左足太もも内側の前に持ってきてから、グリップを握り直す

ここで一つ、重要なポイントですが、正しくハンドファーストで構えるためには、まず、両手の位置を左足太もも内側の前に持ってゆき、その後でグリップを握る・・・という順番が大事になってきます

グリップを握ってから、手を前に出すだけではスイング中に結局フェースが開いてしまいやすくなります。

ですから、まず、両手を左足の太もも内側の前に持っていきます。

そして、その位置でクラブを握ります。(または握り直します)

アドレスでハンドファーストに構える理由は何?

そもそも何故、アドレスではハンドファーストで構えないといけないのでしょうか?

それは先ほども少し書かせていただきましたが、ハンドファーストで構えることで、インパクトでフェースが開きにくくなるためです。

言い換えると、両手が左足太もも内側の前に来るようにすることで、インパクトでフェースが開きにくくなります。

何故、その位置で構えると、インパクトでフェースが開きにくくなるか・・ということですが、プロでも色々なスイングをする人がいますが、インパクトでの両手の位置を見ると、ほぼ一定の位置に収まっていることがわかると思います。

恐らく、その位置が、ゴルフでは(右手を左手よりも下にしてグリップを握る形でボールを打とうとすると)、一番自然で、一番力が入るのだと思います。

だから、殆どというか、ほぼ例外なく、プロはその位置でボールを打っています。

アマチュアの方であっても、もし、何も考えずにスイングしてもらってボールを打ってもらうと、インパクトでは、自然とその位置に両手が来ることが殆ど・・です。

ただし、スライスがでたりすることで、打ち方を無意識に変えてしまって、その位置からずれてゆくことはありますが、それについては少し後でご紹介します。

いずれにしても、インパクトではその位置に両手が来ることが一番自然で、一番力が入るのもその位置・・ということなのだと思います。

じゃあ、その位置ってどこなの?

・・ということですが、それはアドレスの時点でご説明すると、先ほどの左足太もも内側の前です。(またはそれよりも若干、左(ターゲット寄り)です)

インパクトでも、その位置に両手が戻ってきやすい・・ということになります。

さて、ハンドファーストに構える理由のお話に戻りますが・・

もし、両手の位置がアドレスでズボンのジッパーの前にあったとします。(ハンドレイトだったとします)

ここで少し実験をしたいと思いますが、9番アイアンを持ってボールはスタンスの真ん中に置きます。

両手はズボンのジッパーの前に来るようにします。

ハンドファーストにすると構えた際にシャフトがターゲット方向に傾きますが、この実験のように構えると、シャフトは正面から見ると、地面と垂直になるような形になると思います。

その位置にシャフトを持ってきてから・・グリップを握ります。

さて、この状態(アドレスの状態)から、インパクトで両手が来やすい位置(アドレス時の左足太もも内側の前)に両手をぐっと前(左)に移動させてみます。

すると・・

フェースが開いたのではないでしょうか。

ハンドレイトで構えると、インパクトでフェースが開きやすいのは、こんな理由からだと、思います。

だからこそ、アドレスでは、ハンドファーストで構える必要があるのだと思います。

ドライバーの場合は?

さて、先ほども少し書かせていただきましたが、ドライバーの場合はどうでしょうか?

アドレスでの場合ですが、ドライバーの場合は、ハンドファーストで構えてもいいですし、ヘッドと両手が同じ位置か、または、若干、ハンドレイトでも大丈夫です。

プロでも若干、ハンドレイトでドライバーを構えている人もいますし、または、プロでも、ドロー打ちの人の場合はハンドファーストでドライバーを構えている人もいます。

何故、ドライバーだとハンドレイトでもいいか?ということですが、これはドライバーの打ち方とボールの位置が関係しています。

まず、ドライバーはクラブの中では唯一、アッパーブローでボールを打ってもいいクラブです。(パターを除く)

アッパーブローで、つまり、クラブヘッドが最下点を過ぎて、少し上昇し始めた時にボールを打つわけなので、ボールの位置も少し左に置きます。(左足かかと線上が一つの目安です)

このような位置にボールを置くことで、両手が左足太もも内側の前に来ることには変わりないのですが、(ボールの位置との関係で)若干、ハンドレイトになっても大丈夫です。

ただし、アッパーブローで打たず、ボールを払い打つタイプの方や・・

ドライバーでドローボールを打ってゆくタイプの方の場合は、ボールの位置が先ほどの位置(左足かかと線上)よりも少し右に置いた方が打ちやすくなるケースもあると思います。

その場合は、若干、ハンドファーストに構える形になると思いますが、それで結構です。

インパクトでのハンドファースト、ハンドレイトについて

さて、ここまではアドレスでのハンドファースト、ハンドレイトについて見てきました。

ハンドファースト、ハンドレイトという言葉はただ、インパクトでも使われることがあります。

インパクトでも、ハンドファーストになっている形が正解になります。理由は先ほどご紹介した通りです。

ただし、ドライバーの場合は、先ほども書かせていただいた通り、打ち方、ボールの位置次第では、ハンドファーストではなくて、若干、ハンドレイトでも構いません。(インパクトでも)

僕は、インパクトというのは、その殆どが結果だと思っています。

もっとも、このサイトではインパクトについても記事も書かせていただいていますし、インパクトが100%結果かというと、そうではないかも知れません。

ただ、インパクトは結果であることの方が多いように思います。

だから、結果(インパクト)そのものをどうにかするよりは、原因の部分、つまり、アドレスでの構え方の方が大事で、アドレスで正しい形でハンドファーストで構えることができていると、結果として、インパクトでもハンドファーストで打てる・・ということが多いのではないかなと、思います。

ただ、アドレスでの両手の位置を意識しても、インパクトでハンドレイトになってしまうケースもあります。

これはどういうことかというと、色々なケースがあって、一概にこれが原因ですとは言えないのですが、ダウンスイングがアウトサイド・インの軌道になっていることが原因になっているケースが多いようです。

ダウンスイングがアウトサイド・インの軌道になってしまう理由の一つは、スイング中にフェースが開いてしまうことです。

フェースが開くと、スライスが出ますから、多くの人は、右に飛ばさないように左に振り抜こうとします。

すると、ボールは左に真っすぐに飛んでゆくことがあります。

いわゆる、引っ掛けです。

これでスライスは出なくなるのですが、ボールは目標の左に飛んでしまいます。

そこで、右を向くのです。

すると、ボールは真っすぐに飛びます。(飛んでいるように見えます)

ただ、これは右を向いて打っているので、実際は引っ掛けを打っているわけです。

この場合(右を向いて引っ掛けを打つ場合)、ハンドファーストよりも、ハンドレイトの方が引っ掛けが打ちやすくなります。

こんな理由でインパクトでハンドレイトになってしまっているケースもあります。

アウトサイド・インのスイング軌道がハンドレイトにつながっている・・というケースについて少しご紹介させていただきましたが、アウトサイド・インのスイングや右を向いてしまうことについては、アウトサイドインの軌道と8つの原因についてアドレスでどうしても右を向いてしまう原因でもご紹介していますので、よかったらそちらを参照ください。

長文になりましたが、最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。