ホーム > はじめてのゴルフ >
はじめてのゴルフ

ゴルフ練習場(打ちっぱなし)に行く際の服装と持ち物リスト

打ちっぱなしとも言いますが、ゴルフ練習場についてはこれまで、ゴルフ練習場(打ちっぱなし)での練習方法についてゴルフ練習場(打ちっぱなし)に持っていくクラブは何がいいか?という記事を書かせていただきました。

今回は、これからゴルフをはじめる初心者の方に向けて、打ちっぱなしに行く際の服装のマナーや注意点について、また、持ってゆくもの、あると便利な物についてもご紹介してゆきたいと思います。

尚、ゴルフ場の服装のマナーについてははじめてのゴルフ 服装のマナー「男性・女性編」にてゴルフ場の行き帰りの服装のマナーやプレーする際の服装のマナーについて詳しくご紹介していますので、よかったらそちらを参照ください。

※このページ内でご紹介した記事についてはこのページ下部の関連記事の覧にまとめておきます

今回は練習場(打ちっぱなし)に行く際の服装についてご紹介してゆきたいと思います。

では早速見てゆきましょう!

打ちっぱなしでの服装にマナーやルールはあるの?

これからゴルフの練習をはじめようと思っている方の中には、打ちっぱなしに行く際の服装のマナーやルールなどが知りたいという方もいらっしゃるかも知れません。

ゴルフ場では、入退場時の服装のマナー、そしてプレー時の服装のマナーといったドレスコードがありますので、練習場にもそういったマナーがあるのではと思われる方もいらっしゃるかも知れません。

ただ、練習場(打ちっぱなし)の場合、ゴルフ場とは違って、基本的にはドレスコードのようなものはありません

服装は自由で、普段着ているような服装で行っても構いません。

コースではNGとなるような例えば、ジーンズやTシャツ、短パン、ジャージなどを着て行ってもOKです。

Tシャツでも構いませんし、

ジーンズもOKです。

ただし、例えば、下着やタンクトップ、ランニングシャツなど、ラフ過ぎる格好、スポーツマンらしからぬ身だしなみ※はNGとしている練習場もあるので、そういった服装は避けた方がいいと思います。

※全日本ゴルフ練習場連盟は、「スポーツマンらしからぬ身だしなみ」には注意するよう呼びかけています。

服装にはそんな形で基本的にはルールはありませんが、ただ、ゴルフスイングがしやすい服装、動きやすい服装がいいかと思います。

もし迷った時は、コースに着てゆくような服(ゴルフウェア)を着てゆくのもいいかと思います。ゴルフウェアで練習している方も結構いますので。

履いてゆく靴ですが、こちらも基本的にはルールはありません。

ゴルフ場にスニーカーを履いていってもいいか?行き帰りとプレー時の靴のマナーで書かせていただきましたが、ゴルフ場の場合は、スニーカーを履いてゆくことを禁止しているコースも中にはあります。

一方、練習場の場合は、スニーカーを履いていっても問題はありません。

ただし、中にはサンダルやヒールのある靴などはNGとしているところもあります。

そういったルールがなくても、サンダルだと思うようにスイングできないこともありますので、ゴルフスイングがしやすい靴を履いていくか、ゴルフシューズを持参するのがよいと思います。

後ほどおすすめの服装をご紹介したいと思いますが、できれば、ゴルフシューズを持参するのがベストかなと思います。その理由については後ほどご紹介します。

打ちっぱなしに行く際の服装について見てきましたが、ちなみに国内最大級の練習場、ロッテ葛西ゴルフ(東京)は服装についてこのような記載をしています。

「当練習場でのドレス・コードは特に定めておりませんが、極端に露出度の高いものや他のお客様が不快に思われるものはご遠慮頂いております。ジーンズ・Tシャツ・スニーカでのご利用は問題ございません。」(出典:ロッテ葛西ゴルフ)

実際に打ちっぱなしに行ってみると、結構自由な服装で来ている方も多いです。Tシャツ姿やジャージの方もいますし、ジーンズの人もいます。

また、先ほども書かせていただきましたが、チノパンにポロシャツなど、コースの時と同じような服装の人、ゴルフウェアを着ている人もそれなりにいます。

ここまでを簡単にまとめると、ゴルフ練習場(打ちっぱなし)には基本的に何を着て行ってもOK。ただし、あまりラフ過ぎる恰好や動きにくい服装は避けた方がいいです。

靴は、スイングしやすい靴がGood。できれば、ゴルフシューズを持参したい。

おすすめの服装は?

さて、打ちっぱなしに着てゆく服装のポイントについて見てきましたが、ルールなどは基本的にはありませんので、気持ちを楽にして、動きやすい恰好で行かれるといいかと思います。

ただ、どんな服装がおすすめですか?と聞かれることもあるので、少し僕(筆者)なりのおすすめの服装をご紹介したいと思います。

練習は本番のように。本番は練習のように。

なんて言われることがありますが、色々な意味で、本番に一番近い形で練習するのが僕はベストかなと、思っています。

練習場では打てるのに、コースになると打てなくなる・・・という方も多いです。

これにはいくつかの理由があって、それについてはゴルフ練習場では打てるのにコースで打てない。3つの違い、原因とは?でご紹介させていただきました。

そこで紹介させていただいたことの1つになりますが、コースを想定して練習するようにすると、コースでも思うように打てるようになってゆくことがあります。(そういう方も多いです)

これは細かいことになりますが、服装にも同じようなことが言えると思うのです。

普段Tシャツで練習していて、コースに出る時に、襟付きのポロシャツを着てスイングする・・・というよりも、コースで着る服を来て、練習するのがいいと個人的にはそう思っています。

できるだけ、練習を本番に近づけるというか、そういうことになるでしょうか。

そうすることで、本番の時も練習の時の感覚に近い形でプレーできるのではないかなと、思います。

もっとも、これからゴルフをはじめる方の場合は、まだコースのことはあまり考えなくてもいいかも知れません。

ただ、もし、コースに出るようになって、練習場のように打てないと思った時は、その対策の1つとして、色々な意味で、練習を本番にできるだけ近づけるようにしてみてもいいかも知れません。

そういう意味で、また、靴が違うと感覚も変わってくることがありますので、練習場で履く靴に関してもおすすめはゴルフシューズになります。

ゴルフシューズは、特にソフトスパイクのシューズ※の場合は履いてゆくとスパイクの部分が減るので、履いてゆくのではなく、持参するのがいいかと思います。

※ソフトスパイクのゴルフシューズ・・・樹脂製のスパイクを取り付けるタイプのゴルフシューズ。

スパイクレスシューズ※の場合もグリップ部分が摩耗してしまうので、できるだけ、練習場に着いてから履き替えるのがベストかなとは思います。

※スパイクがなく、ソールの溝でグリップ力を出しているゴルフシューズ。

ゴルフシューズの選び方 4つの重要なポイントとは

打ちっぱなしに持ってゆく持ち物

ゴルフ練習場に持ってゆく持ち物ですが、お財布など基本的なものを除くと、下記のようなものを持ってゆきます。

1)クラブ

まだクラブを持っていないという方の場合は練習場でレンタルすることもできます。最初はレンタルクラブで打ってみてもいいかも知れません。

練習場に持ってゆくクラブですが、フルセット(全てのクラブ)を持って行ってもいいと思います。

ただ、フルセットだとかなり重くなりますし、重いから面倒・・となって、練習場に行く機会が減ってゆく・・なんてこともありますので、その場合は、持ってゆくクラブを少し絞ってみるのもおすすめです。

初心者の方であれば、最初は7番アイアンか8番アイアンを1本だけ持ってゆくのもいいですし、または、何本かに絞って持ってゆくのもいいかも知れません。

何本か持ってゆく場合は、ウェッジを1本、ミドルアイアン(7番など)を1本、ドライバーまたはフェアウェイウッドを1本持ってゆくといいかも知れません。

練習場に持ってゆくクラブについてはゴルフ練習場(打ちっぱなし)に持っていくクラブは何がいいか?にてより詳しくご紹介していますので、よかったらそちらも参考になさってください。

また、クラブを少なめに絞って持ってゆく場合は、クラブケース(小さいゴルフバッグ)のような数本入る入れ物を利用するのも、軽くて扱いやすいので便利です。

クラブケースにも色々なタイプがあります。

クラブケース一覧を見る(GDO)

2)ゴルフシューズ

これは先ほどもご紹介した通り。ゴルフシューズはできればあった方がいいです。

ゴルフシューズの選び方についてはゴルフシューズの選び方 4つの重要なポイントとはにてご紹介しています。

ゴルフシューズの売れ筋ランキング
ゴルフシューズケース一覧

3)グローブ

これは必須アイテムになります。右利きの方は左手用のグローブを用意してください。(左利きの方は右手用のグローブを用意してください)

女性の方の場合は、両手にグローブをしてもいいかも知れません。(手を守るために)

グローブにも天然皮革と合成皮革、それと、この2つを合わせたタイプの3つがあります。

おすすめはグリップ力と着け心地に優れた天然皮革のグローブになります。

その理由についてはゴルフグローブの選び方、天然皮革と合成皮革の違いもにて詳しくご紹介していますので、よかったらそちらを参照ください。

ゴルフグローブの売れ筋ランキング

4)帽子、スポーツサングラス

場合によっては(練習場によって、例えば、屋根などが一切ない練習場もありますので)、帽子やスポーツサングラスなどもあってもいいかも知れません。

5)絆創膏

特に初心者の方の場合は、手にマメができやすいと思いますので、絆創膏があると何かと便利です。練習場のフロントなどに用意されている場合もありますが、ゴルフバッグに入れておいてもいいかも知れません。

6)日焼け止め

これも場合によってはバッグに入れておいてもいいかも知れません。

7)夏場、冬場

夏・・・汗拭きシート、防虫グッズ(場所、時間帯によって)

冬・・・使い捨てカイロ、手袋などの防寒グッズ

夏は、汗拭きシートなどがあると便利ですし、夜間に練習する方は場合によっては虫よけ用品などがあるといいかも知れません。

冬ですが、手が冷えていると、ショットを打った時やミスショットをした時などは特に、手が「ジーン・・」となってとにかく痛いので、使い捨てカイロなどで手を温めながら練習するのもおすすめです。

または、ウォームアップで素振りする時は、温かい手袋などがあると便利かなと思います。(実際にショットを打つ時はゴルフ用のグローブをします)

ここまでを簡単にまとめると、練習場に持ってゆく持ち物は

1)ゴルフクラブ(レンタルも可能)
2)ゴルフシューズ
3)グローブ
4)帽子、スポーツサングラス
5)絆創膏
6)日焼け止め
7)汗拭きシート、防虫グッズ、ホッカイロ、手袋

になります。

ただ、どうしてもないといけないのは、クラブ(レンタルも可)とグローブの2点になります。

最後まで記事にお付き合いいただいて、ありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。