ホーム > ゴルフクラブの選び方 >
ゴルフクラブの選び方

初心者のためのパターの選び方とおすすめのメーカー(ブランド)

パターを買おうと思ってゴルフショップに行くと、とにかく様々なモデルが陳列されていると思います。

どのモデルを選んだらいいか?

・・というのは、特に初心者の方の場合はとても迷うところだと思います。

前回、パターの選び方と8つのポイントではパターの選び方について詳しくご紹介させていただきましたが、今回は、初心者の方のためのパターの選び方について、できるだけポイントを絞って、簡単なパターの選び方についてご紹介してゆきたいと思います。

また、ページの最後で初心者の方におすすめのブランド(メーカー)もご紹介したいと思います。

では、早速見てゆきましょう!

目次

パターには、3つのタイプがある

さて、パターにはとにかく色々な種類がありますが、大きく分けると3つのタイプがあります。

そららは、

1)ピン型
2)マレット型(かまぼこ型)
3)L字型

・・になります。

この3つの中でどれがいいか、候補をある程度絞ってしまえば、パター選びもスムーズになると思います。

それぞれのタイプについて、少し見てみましょう。

1)ピン型

上記の形状のパターをピン型といいます。(メーカーによってはブレード型と呼びます)

このピン型の利点は、操作性がいいこと、構えやすいこと、ストローク中(パットをする際)にフェース面を感じやすいこと、になります。

少しわかりにくいかも知れませんが、簡単に言うと、3つのタイプの中では一番バランスのとれたパターだと思います。

なんでもこなしてくれる器用なタイプのパターです。

もっと詳しく知りたい方は、ピン型パターの利点・欠点。打ち方についてでより詳しくご紹介しておりますので、よろしければそちらを参照ください。

さて、次のタイプを見てゆきましょう。

2)マレット型(かまぼこ型)

上記のような形状をしたパターはマレット型、または、かまぼこ型と呼ばれています。

このマレット型の利点は、ストローク中(パットを打つ際)、パターが左右にぶれにくく、直線的なイメージでストロークできる点です。

詳しい説明はパターの選び方と8つのポイントでご紹介していますのでここでは省きたいと思います。

ただ、簡単に言うと、このマレット型は、全自動型の家電のように、パター任せで打ってゆけるタイプのパターと言えるかも知れません。

次は3つ目のタイプのパターについて見てゆきましょう。

3)L字型

上記のような形状のパターがL字型です。

ヘッドがL字のような形をしているのがわかります。

このタイプのパターの利点は、ストローク中にフェースを感じやすいという点になります。

先ほどと同じように、詳しい説明はパターの選び方と8つのポイントでご紹介していますのでここでは省きたいと思います。

ただ、簡単に言うと、先ほどのマレット型が全自動タイプであれば、このL字パターは、「手動」タイプと言えるかも知れません。

パター任せではなく、自分の感覚を生かしてパットを打ちたい人に向いています。

そのため、このタイプは、フィーリングを重視する上級者やプロに好まれる傾向があって、微妙な感覚を生かしたり、ヘッドを動きを感じ取ったりするのには優れています。

ただ、その一方でフェースがストローク中(打っている際)に開きやすく、とても難しいパターでもあると思います。

そういったことも考えると、初心者の方には、

1)ピン型
2)マレット型(かまぼこ型)

の2つの候補を絞ってみてもいいかも知れません。

勿論、初心者の方であっても、L字が合っているという方も中にはいらっしゃいます。

例えば、アイアンやドライバーではドローボール、またはフック系のボールを最初から打っている方の場合は、L字のパターが合う場合もあります。

ただ、一般的には・・L字パターは扱うのが難しいパターなので、初心者の方にはあまりおすすめはできないタイプのパターかも知れません。

ピン型とマレット型、どちらを選んだらいいの?

さて、ここまでピン型、マレット型、そして、L字型のパターの利点と特徴について簡単に見てきました。

L字型はとりあえず候補から外すとして、ピン型とマレット型、どちらを選んだらいいのでしょうか?

ピン型はバランスのとれたパター、マレット型は全自動型のパター・・といっても、初心者の方にとってはどちらが自分に合っているか・・というのはわかりにくいかも知れません。

また、自分に合っているパターを今、見つけたとしても、ゴルフ歴が長くなってゆく中で、パターの打ち方も少しづつ変わってくることもあるかと思います。

では、一体どちらを選べばいいか?

・・ということですが、僕は個人的には、ピン型パターが初心者の方にはおすすめだと思います。

これからゴルフをはじめる方であったり、はじめたばかりの初心者の方は、これからどんどんパッティングの技術を磨いてゆかれることと思います。

そして、その過程で打ち方というのも少しづつ変わってゆくこともあると思います。

先ほども少しご紹介しましたが、マレット型のパターは、直線的なイメージでストロークしてゆくタイプの人に合うパターです。

一方、ピン型の場合は、フェースを開閉して使う方、緩やかなインサイド・インの軌道で打つタイプの方に合っているパターですが、同時に、ヘッドを直線的に動かしてゆくタイプの人にも対応できるパターでもあります。

冒頭で、ピン型はなんでもこなしてくれる器用なタイプのパターと書かせていただきましたが、ピン型は様々なストロークのスタイル(パターの打ち方)にある程度柔軟に対応してくれる器用なパターだと思います。

そのため、特にこれからご自分のパッティングのスタイルを見つけてゆく段階の初心者の方には、マレット型も簡単に打てて良いことは良いのですが、最初はピン型の方が良いのではないかなと、思います。

そうやって、最初はピン型で自分なりのパットの打ち方(ヘッドを直線的に動かした方が合うのか、フェースを開閉させながら打つ方が合うのか・・etc.)を見つけた時点で、他のパターも試してみる・・というのもおすすめかなと、思います。

パターの打ち方のコーナー

その他に気を付けたい2つのポイント

さて、ここまでパターのタイプと、どのタイプが初心者の方にはおすすめか?ということについて見てきました。

その他、気を付ける点ですが、

1)ヘッドの大きさ
2)重さ

の2点になります。

ただ、初心者の方の場合は、1)ヘッドの大きさ、2)重さ・・・共に、極端なものを選ばないようにすればOKだと思います。

1)ヘッドの大きさ

パターもある時期からヘッドが大型化されるようになりました。

ヘッドを大型化するメリットはスイートスポットが広くなること、ストローク中の余計な動きを抑制してれることになります。

ただし、デメリットもあって、それが操作性が落ちたり、繊細なタッチが出し難くなるという点です。

もし、ご自分のパッティングスタイルがある程度あって、繊細なタッチよりも、安定したストロークが欲しいということがわかっている場合は、大型ヘッドもおすすめなのですが、ゴルフを始めたばかりの段階では、大型ヘッドではない方がよいかも知れません。

ヘッドは、少し大きめでもいいのですが、極端に大きいものは避けた方が良いかと思います。

2)重さ

パター全体の重さですが、軽いパターは操作性がよくなりますが、ストロールが不安定になることもあり、重いパターは、ストロークが安定する分、操作性が落ちます。

どちらがいいかは、自分のパッティングのスタイルによって、変わってくるのですが、最初は極端に重いもの、極端に軽いものを避けておけば大丈夫だと思います。

その他のパターの選び方のポイントについてより詳しく知りたい方は、パターの選び方と8つのポイントをご覧いただければ幸いです。

パターの長さを決める

さて、パターの中には、長さを選べるタイプもあります。

長さはどの位あったらいいか?ということですが、みなさん身長も手の長さも、また、パッティングのスタイル、構え方も違いますから、一概に何インチがいいです・・とは言えないわけですが・・

一般的には、短めのパターの方がショートパットが安定しやすく、長めのパターの方がロングパットが打ちやすいと言われています。

これはあくまでも目安になりますが・・

身長 アドレスの前傾姿勢
浅い 深い
160cm 33インチ 32インチ
170cm 34インチ 33インチ
180cm 35インチ 34インチ

・・・を一つの目安として考えてみてもいいかも知れません。

ただ、繰り返しますが、これはあくまでも目安になります。

また、初心者の方は、アドレスの前傾姿勢といっても、なかなかピントこないと思いますので、迷った時は、少し長めのパターにしてみるといいかも知れません。

少し長めのパターにしておいて、後々シャフトを切ってもらうこともできますし、または、グリップを少し短く持って打っても大丈夫です。

おすすめのブランド(メーカー)は?

さて、ここまで初心者の方のためのパターの選び方について見てきました。

最後に、ブランド(メーカー)についてご紹介したいと思います。

初心者の方の場合は、最初は道具にはそんなにこだわらなくても、安価な(ノーブランドの)パターでもいいと思っている方もいらっしゃいますが、形は似ていても、安物ブランドの場合はパターのバランスが滅茶苦茶だったりすることもあり、僕としてはあまりおすすめはしていません。

長く使えることを考えると、おすすめのブランドはこの3つになります。

1)オデッセイ

ツアーでの使用率はナンバーワン。一番売れているパターもこのオデッセイになります。

製品の種類も豊富です。ピン型も豊富にラインアップされています。

オデッセイのパター一覧へ

2)ピン

パターでは世界的に有名な老舗メーカーです。このページでご紹介したピン型の名前の元になっているパターを作ったメーカーさんです。

色々なシリーズがありますが、ANSER(アンサー)シリーズは昔から人気があります。

僕は個人的にピンのパターは好きです。

アンサーシリーズ以外にもピン型がありますので、実際にショップに行って比較してみるのもいいと思います。

ピンのパター一覧へ

3)スコッティーキャメロン

もう一つのおすすめブランドがスコッティーキャメロンです。

洗練されたデザインと精密な削り出しで作られたパターで、タイガー・ウッズが使って何度もメジャー大会を制覇したことでも有名です。

ただし、結構なお値段がするので・・初心者の方におすすめというよりも、2本目のパターとして、おすすめのパターかも知れません。

ただ、実際にショップに行って、試打してみて、直観的にいいと思われたら、最初からスコッティキャメロンもカッコイイ選択だとは思います。

おすすめはセレクト ニューポートシリーズです。

スコッティーキャメロンのパター一覧へ

 

他にもテーラーメイドなども良いパターを作りますが、今回は、この3つに絞りました。

初心者の方の場合であれば、オデッセイが一番のおすすめかなと思います

それからパターの売れ筋ランキング(ゴルフダイジェスト・オンラインのページ)も参考になると思いますので、よかったらチェックしてみてください。

長文になりましたが、最後までお付き合いいただいてありがとうございました。
感謝。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。