ホーム > ゴルフクラブの選び方 >
ゴルフクラブの選び方

ピン型とマレット型のパター、パターの選び方とドライバーとの相性も

パターの選び方でもご紹介してきましたが、パターにも色々な種類があります。

中でもよく使用されているのは、ピン型やマレット型(かまぼこ型)のパターでしょうか。

このどちらを選ぶかで悩んでしまうこともあるかも知れません。

この2つのパターの利点と欠点を簡単におさらいしてみたいと思います。

目次

ピン型の利点と欠点

操作性がよく、構えやすい。ストローク中にフェース面が感じやすいという利点もある。

ピン型(メーカーによってはブレード型と呼びます)のパターは面長なのが特徴です。面長だと、フェースをターゲットにセットしやすくなるのが利点の1つ。

もう1つはストローク中にフェースを感じやすいということです。

面長のパターは重心距離が長く、慣性モーメントも大きめなのでストローク中にフェースがぶれたりするのを防いでくれる効果もあります。

ただし、面長であればあるほどいいかというと、そうではありません。

それだけ重心距離が長くなってしまい、ストロークしづらくなってしまいますし、フェースも開きやすくなります。

マレットタイプ(かまぼこ型)の利点と欠点

重心深度が深く、より直線的なイメージでストロークしやすい。

このタイプのパターはかまぼこ型とも呼ばれますが、特徴は重心位置がパターの後方にあること。これによって重心深度が深くなります。

重心深度が深くなるとどうなるかというと、パターが左右にぶれず、直線的なイメージでストロークできると言われています。

ですから、肩でストロークするようなタイプの方、ヘッドをより直線的に動かしたい方には向いているのかも知れません。

ただ、フェースを開いて、また閉じるようなタイプのストロークをする人はマレット型よりもピン型やL字の方が向いていると言えます。

どちらがおすすめか?

さて、では結局どちらのパターがいいのか?

・・ということですが、これは恐らく、どちらが自分に合っているか・・ということが大事になってくると思います。

1)ピン型がおすすめ

・フィーリングを重視したい方
・距離感が合わないという方
・これからゴルフをはじめる方
・どのパターにしていいかわからない方

・・という方にはピン型がおすすめです。

何故か?ということについて少し見てみたいと思います。

フィーリングを重視したい方(距離感が合わないという方)

ピン型のパターは重心距離が適度にあり、フェースの開閉がしやすいパターです。

また、その適度な重心距離があることで、フェース面を感じやすかったり、タッチを出しやすいという利点もあります。

そのため、フィーリング重視の方やタッチを出しやすいという点から、距離感が合わないと悩んでいる方にもおすすめのパターだと思います。

これからゴルフをはじめる方

これからゴルフをはじめるという方、まだ、パットをそれほど打ったことがない・・という方にもピン型はおすすめだと思います。

パットでは何が大事か・・ということはその人によっても変わってくるかと思いますが、フェース面を感じて打つということはどんな方、どんなレベルであっても大切なことになってくると思います。

ピン型はフェース面を感じやすいパターですので、そういう意味でもおすすめのパターだと思います。

また、これからゴルフをはじめる方の場合、特にパットは技術も大事ですが、感覚が何よりも大切になってきます。

その感覚を磨いてゆく、または、生かしてゆくためにも、ピン型はおすすめのパターではないかなと、思います。

どのパターにしていいかわからない方

パターも色々な種類があって、もうどのパターを選んだらいいかわからない!という方もいらっしゃるかも知れません。

そんな方にもピン型はおすすめのパターではないかなと、思います。

ピン型のパターは言ってみれば、オールラウンダーといいますか、なんでも器用にこなしてくれるタイプのパターです。

ですので、迷った時は、まずピン型を1本購入して、使ってみてもいいかも知れません。

パッティングも上達したり、経験を積んでゆく中で、打ち方が少しづつ変わってゆくこともあるかと思います。

そのような変化にも柔軟に対応してくれるのが、このピン型のパターの良さでもあると思います。

2)マレット型がおすすめ

・とにかく真っ直ぐに打ちたい方
・パットはパター任せで打ちたい方
・肩でストロークするタイプの方、ヘッドをより直線的に動かしたい方

冒頭でもご紹介しましたが、マレット型の利点は、重心深度が深く、より直線的なイメージでストロークしやすい点になります。

このタイプのパターの場合、重心位置がパターの後方にあり、それによって重心深度が深くなります。

重心深度が深くなることで、パターが左右にぶれず、直線的なイメージでストロークできるため・・

・とにかく真っ直ぐに打ちたい
・ヘッドをより直線的に動かすタイプの方

にはおすすめのパターだと思います。

パットはパター任せで打ちたい方

先ほどのピン型がフィーリング重視の方におすすめのパターだとしたら、このマレット型は、パットはパター任せで打ちたいという方におすすめのパターだと思います。

このマレット型のパターは、ストローク中にフェース面が変わりにくいという特徴があり、ある程度、パター任せで打ってゆけるというのも利点だと思います。

先ほど、これからゴルフをはじめる初心者の方にはピン型がおすすめですと書かせていただきましたが、初心者の方の中には、最初からこちらのマレット型の方が合っている方もいます。

パターだけでなく、スポーツの場合、感覚を大事にする感覚派の方もいらっしゃると思いますが、感覚派の方には、ピン型がおすすめ。

自分は感覚派ではないと思われたら、マレット型も良い選択かも知れません。

また、ある程度パター任せで打てる安心感もありながら、自分の感覚も生かしてゆきたいという方の場合には、L字のマレット型もいいかも知れません。

このタイプは、ストロークは安定させたいけど、フェースの開閉をしてストロークしたい・・・という方には向いているパターだと思います。

ドライバーとパターの相性から考える

パターを選ばれる際は、ドライバーとの相性も考えてみてもいいのかも・・知れません。

ドライバーは大型ヘッドでとにかくやさしいものを使っている方がピン型であったり、L字型のパターを使おうとすると、最初はよくてもそのうち、あれ?と違和感を感じるようになることがあるかも・・知れません。

逆にドライバーは操作性のよい小ぶりなヘッドを使われていて、パターだけ、フェースの開閉をあまりしないで済むマレット型のパターや大型ヘッドのパターにしてしまうと・・・やっぱり、ドライバーかパターの調子が悪くなったりすることがあります。

それはやはり相性の問題なのかも知れません。

操作性の良いドライバーを使うなら、パターも同じタイプのピン型やL字など。

大型ヘッドでとにかく優しいドライバーを使うなら、パターも同じようにマレット型や大型ヘッドでフェースの開閉をあまりしなくても打てるパターが良いかも知れません。

これはアイアンやウェッジなどにも言えるかも知れません。

ドライバーだけ大型ヘッドでオートマチックに打てるようなものを選ばれて、アイアンは小ぶりなフェースでコントロール性の良いものを選ばれたりすると、やっぱり相性が悪かったりすることがあるかも・・知れません。

ウェッジもシャープに振れて、コントロール性に優れたモデルもあれば、大きめのヘッドでやさしく打てるものもありますが、それはご自分がお使いのクラブ、ドライバーからパターとの相性を考えて、選ばれてみるのも1つ方法かも知れません。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。