ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

バックスイングが小さい、浅い場合の5つの改善方法【ゴルフスイングを大きくするには?】

こんにちは。ゴルフ総研の森です。

今回は、バックスイングが小さい、または、バックスイングでの体の回転が浅い場合の改善方法についてご紹介していきたいと思います。

「江連忠のザ・エフォートレス・パワー」あのタイガーも実践の軽く振って飛ばす方法がここにあります

スイングを大きくする方法

さて、バックスイングが小さい場合、またはバックスイグでの体の回転が浅い場合ですが、5つの改善方法があります。

①胸を回転させる

バックスイングを大きくするというと、手や腕を大きく振りたくなりますが、ただ、手や腕の筋肉はとても小さく、できることは意外と限られているんですね。

だから、手打ちは飛ばないわけですが、バックスイングを大きくする場合も手や腕を意識するよりも、体の回転を意識していただいた方がスイングは大きくなります。

反対に手や腕を意識しすぎると、体の回転が不十分になって、結果的にスイングが小さくなってしまうことが多いです。

この場合ですが、手や腕を振ることを一旦置いておいて、バックスイングでは体を回転させることに意識を向けていただくといいと思います。

また、もし単純に体を回転させようと思ってもうまくいかない場合は、胸の向きを意識していただくといいと思います。

具体的には、アドレスの段階では胸は正面を向いていると思いますが、その胸をバックスイングでは右に向けてゆく意識で回転してみます

そして、スイングのトップでは、胸が右(ターゲットとは正反対の方向)を向くような意識にしてみます。

このように胸の向きを意識すると、深く回転できるようになると思います。

②右足のつま先を開く

バックスイングでは肩を90度回転させることが一つの目安になります。

もし、それよりもずっと肩の回転が浅い場合ですが、右足のつま先を少し多めに外側に向けて開いていただくと、体を回転させやすくなります。

目安としては、右足のつま先を30度程度、外側に開いていただくといいと思います。

このつま先の向きに関してはスタンスと左足、右足のつま先の向き【つま先はどの位開くのがいい?】にて詳しくご紹介していますので、よかったらそちらも参考になさってください。

③おへそを右に回すイメージで

先ほどは、胸を回転させるということをご紹介しましたが、もしそのイメージでうまくいかない場合は、おへそをバックスイングで右に回す意識で回転してみるのもいい方法だと思います。

バックスイングでおへそを右に、フォロースルーでは左へとおへそを向けてゆく・・そんなイメージですね。

おへそを右に向けるということは、つまり、腰を回転させるということですが、中には腰の回転は抑えた方がいい・・そんなゴルフ理論もあります。

ただ、肩も腰もつながっています。だから、肩が回転すれば、腰も右に回転するのが自然な形なんですね。

腰はむしろ、右に回転させるようにしてみてください。

その方がより自然な動き、スイングになりますし、スイングそのものも大きくなると思います。

④ヒールアップする

バックスイングで思うように回転できないという方は、ヒールアップをしてみるのも良い方法です。

ヒールアップとは、バックスイングで左足のかかとを地面から浮かせる動作のことをいいますが、ヒールアップにはスイングを大きくする効果もあります。

ドライバーやアイアンでヒールアップをするメリット・デメリット

ヒールアップのやり方ですが、バックスイングをスタートしてすぐ、もしくは、両手が右足の真上に来たあたりから、左足のかかとを上げてゆきます。

左足のかかとはどちらかと言うと、自然と上がってくるような形がベストですが、ただ、最初のうちは意識して左足のかかとを浮かせるようにしていただくといいかも知れません。

バックスイングのトップまで来たら、今度は浮かせた左足のかかとを元の位置に戻すようにして切り返してゆきます。

ちなみに、左足かかとですが、目安としては数センチから5センチ程度、地面から浮かせる意識でいいと思います。

⑤クローズスタンスで構える

スイングを大きくするには、クローズスタンスで構えるのも一つの方法です。

クローズスタンスのやり方は簡単で、いつも通り構えたら、右足を5センチ程度後ろに引きます。

あとはボールとの距離を調整します。

このように構えると、バックスイングで体を回転させやすくなります。

また、ダウンスイングではふところにスペースができやすく、クラブをインサイドから振りやすくなりますので、スライスや引っ掛けが出ている人にもおすすめです。

クローズスタンスで構える際ですが、右足を後ろに引く時に右肩まで後ろに引いてしまわないようにしてください。

それをやってしまうと体全体が右を向いてしまいますので、そうならないように注意してください。

また、これはクローズスタンスとは関係ありませんが、スタンスの幅もスイングの大きさに関係してくることがあります。

具体的には、スタンスを狭くした方がスタンスを広くするよりも、体を回転させやすくなります。

ドライバーでスタンス幅を5センチ狭くすると、体の回転が深くなり、ヘッドスピードも飛距離も伸びるという調査結果もありますが、スタンス幅が広すぎる場合は少し狭くしてみるといいかも知れません。

ということで、今回はバックスイングを大きくする方法について色々と見てきました。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。