ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーとアイアンの違い。打ち方やスイング、アドレスの違い

これまでドライバーの打ち方はドライバーの打ち方のコーナーにて、アイアンの打ち方はアイアンの打ち方のコーナーにて、構え方も含めて詳しくご紹介してきました。

今回は、ドライバーとアイアンの違いについて、打ち方、スイングであったり、構え方に違いはあるのか?といったことを少しまとめてみたいと思います。

では早速見てゆきましょう!

ドライバーとアイアンの違い、共通点は?

さて、ドライバーのアイアンの違いですが、下記のような点から、その違い、または共通点について見てゆきたいと思います。


①スイング
②打ち方
③構え方

①スイング = 同じ

最初にスイングですが、ドライバーもアイアンも、基本的にはスイングは一緒です

例えば、7番アイアンなど、ミドルアイアンのスイングと同じスイングでドライバーを打ってゆきます。

ドライバー用のスイングをする必要はありませんし、ドライバー用のスイングを作る必要もありません。

ただ、基本的には同じスイングなのですが、打ち方が少し違ってきます。

これはスイングを変えるというより、構え方を変えることで、違った打ち方をする形になります。

ですので、スイングは基本的には一緒だと考えていただいて大丈夫です。

簡単にまとめると、ドライバーもアイアンもスイングは一緒。ただし、構え方を変えることで違った打ち方をしてゆく場合があります。

②打ち方 ≠ 違いあり

ドライバーもアイアンも、スイングそのものは一緒なのですが、構え方を変えることで、違った打ち方をしてゆく場合があります。

構え方を具体的にどう変えるか?ということについては次でご紹介したいと思いますが、その前に打ち方の違いとは、どういった違いでしょうか?

この打ち方の違いですが、

ドライバーの場合

ドライバーの場合は3つの打ち方があります。それらが、

1)アッパーブローに打つ
2)払い打つ
3)若干ダウンブローで打つ

という方法。

ダウンブローで打つというのはドライバーではあまり一般的な打ち方ではありませんが、ダウンブローを意識して打つというプロはいます。

アイアンの場合

アイアンの場合は2つの打ち方があります。そららが、

1)ダウンブローで打つ
2)払い打つ

という方法です。

・・・ということで、ドライバーとアイアンの打ち方の違いは基本的にはアッパーブローで打つかどうかの違いになります

このアッパーブローで打つとは、ヘッドが最下点を過ぎて、やや上昇している時にボールを捉えるという意味になります。

簡単なイラストにするとこんなイメージです。

一般的には、ドライバーの場合は若干アッパーブローで打つのが良い、アイアンはダウンブロー※で打つのが良い・・と言われています。

※ダウンブローで打つというのは、ヘッドが最下点に達する前、ヘッドがまだ下降している最中にボールを捉える打ち方になります。

ただ、実際には、ドライバーもアイアンも上記以外の打ち方をすることもできますし、プロであっても、ドライバーはアッパーブローでは打たない人もいます。

また、アイアンの場合も同じようにダウンブローではなく、どちらかというと、横からボールを払い打つような打ち方をする人もいます。(その方が合っている人もいます)

ただ、アイアンの場合は、基本的にはアッパーブローで打つことはありません。

尚、アッパーブロー、ダウンブロー、そして、払い打つことのそれぞれの利点や欠点などについては下記にまとめてありますので、よかったらそちらを参照ください。

ドライバーの打ち方。アッパーブローで打つべきか?払い打つべきか?
ドライバーをダウンブローで打つことの4つの利点と欠点
アイアンはダウンブローで打つ?それとも横から払い打つ?

※この記事内でご紹介するページへのリンクはこのページ下部の関連記事の覧にまとめておきます

ここで簡単にまとめると、ドライバーとアイアンの打ち方の違いは、アッパーブローで打つかどうか。アイアンの場合はアッパーブローでは打ちません。ただし、ドライバーはダウンブローで打つこともありますが、あまり一般的な打ち方ではありません。

③構え方 ≠ 違いあり

ドライバーとアイアンでは、打ち方が違うということでしたが、構え方、アドレスを変えてゆくことで、打ち方を変えてゆく・・というやり方をします。

構え方、アドレスの違いですが・・

ドライバーの場合

アイアンに比べて、

1)ボールを左寄りに置く
2)高めにティーアップする
3)スタンスは広めにとる
4)右足に多めに体重をかける場合もある

といった構え方をします。

アイアンの場合

ドライバーに比べて、

1)ボールは右寄りに置く
2)低めにティーアップする(ティーショットの場合)
3)スタンスは狭くとる
4)体重は両足に均等にかける

といった構え方をします。

どういうことか、少し詳しく見てゆきたいと思います。

ドライバーの構え方

ドライバーの場合は、アイアンに比べて・・

1)ボールを左寄りに置く
2)高めにティーアップする
3)スタンスは広めにとる
4)右足に多めに体重をかける場合もある

ということでしたが・・

1)ボールを左寄りに置く

先ほども書かせていただきましたが、ドライバーの場合は、アッパーブローでボールを打ってゆくことがあります。

または、ボールを横から払い打つ(インパクト前後でヘッドが地面と水平に動くようなイメージで打ってゆくこと)形で打ってゆきます。

そのため、アイアンに比べると、ドライバーの場合はボールを左足寄りに置くのが一般的です。

具体的には、左足かかと線上かそれよりも少し右に置くのが一般的な考え方になります。

ドライバーのボールの位置は左足かかと線上がいい?プロはどこに置いている?

2)高めにティーアップする

ドライバーの場合は、フェースの中央でボールを打つことを前提に作られています。

そのため、ボールは高めにティーアップするのが一般的です。(場合によってはその位置よりも若干上で打つとボールのバックスピンが減り、また、ボールが打ち出される角度も高くなるため、飛距離が出ることがあります)

また、先ほども書かせていただいたようにドライバーは若干アッパーブローで打つこともありますが、そのためにも、ボールは高めにティーアップします。

どの程度の高さかというと、ボールの1/2程度がヘッドから出る高さが1つの目安になります。

図解!ドライバーのティーアップの高さとその基準

3)スタンスは広めにとる

ドライバーの場合は、アイアンに比べると大きなスイングになりやすいので(スイング中の体のバランスをとるために)スタンスは広めにとるのが一般的です。

どの程度の広さを目安にしたらいいか?ということについては下記の記事にてご紹介していますのでよかったらそちらを参照下さい。

ドライバーはスタンス幅が広い方がいいか?狭い方がいいか?

4)右足に多めに体重をかける場合もある

ドライバーの場合は、体重移動をしやすくするために、アドレスの段階で、右足にやや多めに体重をかけておくという構え方をする場合があります。

やり方としては、左足が4に対して、右足に6程度のイメージです。(右利きの方の場合)

ただし、アドレスでは両足に均等に体重をかけておくやり方でも構いません。(こちらの方が合っているという方が多いかも知れません)

アイアンの構え方

アイアンの場合は、ドライバーに比べて、

1)ボールは右寄りに置く
2)低めにティーアップする(ティーショットの場合)
3)スタンスは狭くとる
4)体重は両足に均等にかける

ということでしたが・・

1)ボールは右寄りに置く

アイアンの場合は、アッパーブローで打つことはなく、ややダウンブローで打ってゆくことも多いため、ドライバーよりも右寄りにボールを置きます。

具体的にはこんな形になります。(下記は1つの目安になります)

サンドウェッジから9番アイアン

スタンスの真ん中

ミドルアイアン

スタンス中央からボール1個程度左

アイアンのボールの位置とその基準。2つの考え方とは?

2)低めにティーアップする(ティーショットの場合)

アイアンの場合、地面(芝)の上から打つことを前提にしているため、芯の位置がドライバーのそれよりも低めになります。

ですので、その位置に合わせて、ティーアップも低めにします。

具体的には、ボールの一番下の部分が芝の一番上の部分よりもほんの少し高くなるようにティーアップします。

フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンのティーアップの高さ

3)スタンスは狭くとる

スタンス幅ですが、アイアンの場合はドライバーよりも狭いスタンス幅にします。

短いアイアンほどスタンス幅を狭く、長いアイアンほど広めにします。ただし、ドライバーほど広いスタンスをとる必要はありません。

4)体重は両足に均等にかける

アイアンの場合は特殊なケースを除くと、基本的には両足に均等に体重をかけるようにします。

ここで簡単にまとめると、ドライバーとアイアンの構え方では、1)ボールの位置、2)ティーアップの高さ、3)スタンス幅、4)体重配分が違ってきます。

 

ということで、ここまでドライバーとアイアンの違いについて簡単にまとめてみました。

基本的な考え方としては、スイングは同じ。ただ、構え方を変えることで打ち方を変えるような形になります。

最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。