ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

アイアンがダフる原因とダフらないための打ち方&ダフリに強いアイアンの選び方

前回、ダフリの3つの原因と直し方。プロは何故、ダフることがないのか?ではダフリの原因と直し方についてご紹介しました。

今回はその時のおさらいも含め、アイアンがダフる場合の原因や直し方について、また、記事の後半ではダフリに強いアイアンの選び方について見てゆきたいと思います。

目次

アイアンでよくダフってしまう時に考えたい2つのこと

アイアンでダフることが多い場合ですが、打ち方に問題があるケースとクラブそのものが自分に合っていないケースがあると思います。

ダフることが多いと、自分の打ち方が悪いのではないかと思う方もいらっしゃると思います。

確かに、構え方や打ち方に問題があるケースが多いのですが、中にはクラブが合っていないことが原因でダフってしまっている人もいます。

ですので、構え方や打ち方を変えてもダフリがなかなか改善しない場合は、アイアンを変えてみるというのも1つの選択肢ではないかなと思います。

今回は打ち方に問題があるケース、クラブが合っていないケースの両方について見てゆきたいと思います。

まずはじめに、構え方、打ち方に問題があるケースから見ていきましょう。

アイアンがダフる原因とダフらないための打ち方

ダフリの原因と直し方についてはダフリの3つの原因と直し方。プロは何故、ダフることがないのか?にて詳しくご紹介しましたので、今回は簡単にご紹介したいと思います。

詳しい原因や直し方が知りたい方は上記の記事をご覧ください。

さて、アイアンがダフる原因ですが、主に3つあります。

①V字のスイング軌道
②アウトサイド・インのスイング
③すくい打ち

①V字のスイング軌道

アイアンでよくダフる・・という人のスイングを見させていただくと、いくつかの共通点があることに気づきます。

その共通点の1つが、V字のスイング軌道、もしくはヘッドの軌道になります。これは正面から見た時のヘッドの軌道のことを言っています。

図にするとこんな感じになります。

わかりやすくするために、少し極端な図にしていますが、この図をご覧になっていただくと、インパクトが点になっているのがわかると思います。

上からクラブを振り下ろしているために、インパクトが点になっているわけですが、この形だと、その点に合わせないとナイスショットになりませんし、ちょっと手前からヘッドが入るだけで、ダフってしまいます。

じゃあ、ダフらないためにはどうしたらいいか?といったら、このヘッドの軌道をV字ではなく、U字にします。

図にするとこんな感じです。

この図を見ていただくと、インパクトが点ではなく、ゾーン、もしくはエリアになっていることがわかると思います。

このようにインパクトを点ではなく、エリアにすることの利点は、ちょっとヘッドが手前から入り過ぎても、ナイスショットになりやすい・・・ということです。

プロは何故、ダフったりしないのか?

というと、ヘッドの軌道がこのようにU字になっていて、インパクトが点ではなく、ゾーン、もしくはエリアになっているから・・なんですね。

インパクトゾーンが広いので、多少ヘッドが手前から入ったとしてもダフらずに済む・・というわけです。

じゃあ、U字のスイングをするにはどうしたらいいか?

ということですが、1つの方法としては、ボールの横っ面を見て、ボールを横から払い打つようにしてみる・・・ということがおすすめです。

ダフることが多いという人に「ボールをどのように見ていますか?」とお聞きすると、「あまり考えていません」という人や、「ボールの上を見ています」という人、「ボール全体を見ています」・・・という風に答える人が多いです。

ただ、ゴルフボールの見方。アドレスからインパクトの瞬間までボールのどこを見るか?でもご紹介しましたが、もし、ゴルフボールが直径1メートルの巨大なボールだったらどうでしょうか?

ボールの上を見たり、ボール全体を見て構えるでしょうか?

恐らく、その場合はボールの真横、フェースを当てたいスポットを見て構えると思うんですね。

実際のゴルフボールはもっと小さいですが、巨大なボールの時と同じように、ボールの真横を見るべきだと思うのです。

そのようにボールを真横を見て、そして、ボールを横から払い打つようにしてみると、インパクトが点ではなく、ゾーンになりやすいと思います。

②アウトサイド・インのスイング

この場合のアウトサイド・インのスイングとは、ダウンスイングでのヘッドの動きのことを言っています。

簡単な図にするとこんな感じです。

ダウンスイングでヘッドが飛球線の外側から入って、内側に抜けてゆくので、アウトサイド・イン・・なのですが、このようなスイングをしていると、ダフりやすくなります。

ちなみに、この反対、インサイド・アウトのスイング(下の図)だとトップしやすくなります。

アウトサイド・インのスイングですが、何故、ダフりやすくなるかというと、この振り方だとどうしてもヘッドがボールに向かって鋭角に降りてきやすくなります。

極端な言い方をすると、上からヘッドをボールに向かって振り下ろすようなスイングになりやすく、この打ち方もインパクトが点になりやすいです。

アウトサイド・インのスイングの原因ですが、1つは、右を向いて構えてしまっていることが考えられます。

ゴルファーの多くは右を向いている・・という風に言われていますが、右を向いて、インサイド・インのスイングをすると、当然ボールは目標よりも右に飛びます。

このままだと右にミスしてしまいますから、もっと左に振り抜く必要が出てきます。そうやってやってしまうのが、アウトサイド・インのスイング・・というケースもあります。

もう1つの原因は、スライスです。

右に曲がるのが嫌で、左に引っ張るようにして振っていると、結果的にアウトサイド・インのスイングになってゆきます。

すると、ボールは左に真っすぐ飛ぶのですが、これだと引っ掛けです。

ですので、ボールを目標に向かって打つために、今度は右を向く・・・というケースもあります。

この話の続きは、ダフリの3つの原因と直し方。プロは何故、ダフることがないのか?にてご紹介していますので、よかったらそちらを参照下さい。

③すくい打ち

アイアンですくい打ちをしようとすると、ダフりやすくなります。

ヘッドを下から入れて、ボールを上げようとすることで、ヘッドがボールよりも先に地面に当たってしまうからです。

ゴルフではボールは空高く上がるわけですが、ボールを上げるためにどうしても本能的にボールをすくい上げたくなるものだと思います。

ですが、特殊なショットを除いて、プロですくい打ちをしている人はいません。むしろ、アイアンの場合は、若干ダウンブローで打っている人が多いです。

ダウンブローとは?ダウンブローの打ち方と3つのコツ。プロがやっている打ち方も

すくい打ちをやめる方法ですが、ダウンブローで打っていただいても結構ですし、先ほどご紹介したようにボールの真横を見て、払い打つようにしてスイングするのも良い方法です。

また、インパクトの後、ヘッドを低く出してゆこうとするのもいいと思います。

ボールはクラブについたロフトとバックスピンが上げてくれると信じて、あえて、低くヘッドを出してゆきます。

その他、ダフリの原因と直し方については、ダフリの3つの原因と直し方。プロは何故、ダフることがないのか?にて詳しくご紹介していますので、よかったらそちらをご覧いただければ幸いです。

次に、アイアンが合わないケースについて、また、ダフリに強いアイアンの選び方について見てゆきたいと思います。

ダフリに強いアイアンの選び方

冒頭でも書かせていただきましたが、アイアンが合わないためにダフリが頻繁に出てしまっている・・というケースもあります。

また、アイアンを買い替えたら、ショットが見違えるように良くなった・・ということも多々ありますので、もし、打ち方や構え方をいくら変えてもダフリが改善しない場合はアイアンそのものを疑ってみてもいいかも知れません。

さて、ダフリに強いアイアンの選び方ですが、4つのポイントがあります。

1)アイアンのソール幅
2)ネック
3)シャフトの重さ
4)アイアンの重さ

1)アイアンのソール幅をチェックする

ソールとはアイアンの底の部分のことを言います。

このソール幅ですが、大きくわけると3つあります。

①幅が狭いもの

幅の狭いソールのアイアンはフェース面を感じやすく、操作性がいいという利点があるのですが、ソール幅が狭いと、例えば、ボールの少し手前にヘッドが入ってしまった時にソールが滑ってくれず、ダフりやすいという欠点があります。

②幅が広いもの

幅が広いソールのアイアンは、幅が狭いソールのアイアンに比べて、フェース面を感じにくい、操作性が落ちるというデメリットがありますが、利点はボールが上がりやすいこと、また、ソールが広いために多少ヘッドが手前から入ってもソールが芝の上を滑ってダフリにくいということになります。

アイアンでよくダフってしまうという人で、ソール幅が狭いアイアンを使っている人は、今お使いのものよりもソール幅が広いアイアンを試打してみてもいいかも知れません。

ダフりにくいということを考えた場合は幅広ソールか、もしくは、やや幅広のソールがおすすめです。

2)ダフる場合はグースネックがおすすめ

グースネックのアイアンとは?利点と欠点についてでもご紹介しましたが、アイアンにもグースネックと呼ばれるものとストレートネックと呼ばれるものがあります。

ストレートネック

ストレートネックとは、シャフトからフェースまでが一直線に見える形状のことを言います。

グースネック

グースネックとは、フェースが後ろに引っ込んでいる形状のことを言います。

どちらにもそれぞれメリットとデメリットがあるのですが、グースネックのメリットはボールのつかまりがよくなること、スライスを改善する効果があることになります。

先ほども書かせていただきましたが、スライスを抑えようとして、ボールが右に行かないように左に振り抜いてしまっている人もいらっしゃいます。

ただ、その打ち方だと、スイングの軌道はアウトサイド・インになりやすく、それがまた、ダフリの原因になることがある・・ということでした。

もし、このアウトサイド・インのスイングをしてしまっている人で、ストレートネックのアイアンをお使いの場合は、つかまりのいいグースネックのアイアンにすることで、スイングの軌道が改善して、結果的にダフリが自然と改善されてゆくこともあるかも知れません。

3)シャフトの重さ

シャフトが自分にとって重すぎるとダフリやすくなることがあります

ですので、例えば、スチールシャフトを使っていて、ダフることが多い人は軽量スチールシャフトかカーボンシャフトを試してみるのもいいかも知れません。

女子プロの中にも、重さのあるダイナミックゴールドから軽量スチールシャフトのN.S.PRO 950GH※にすることで、ボールをよりクリーン打てるようになる人もいるそうです。

シャフト、N.S.PRO 950GHとダイナミックゴールドの違いを比較しよう参照

4)アイアンの重さ

先ほどのシャフトの重さもそうですが、アイアンそのものが重すぎると、ダフリやすくなることがあります。

クラブメーカー、フォーティーンの創設者でクラブデザイナーの竹林隆光さんは自身の著書の中で、コースでトップが多発するのであれば、アイアンが軽すぎることを、ダフリが多発するのであれば重すぎることを疑ってみるといいと語っています。

重すぎてダフる理由について竹林さんは、クラブが自分にとって重すぎるとインパクト前にクラブの重さに負けてコックがほどけてしまう、それがダフリにつながるのだと言います。

ちなみに、トップが多発する理由はその反対でコックがほどけにくくなるからだそうです。

じゃあ、ちょうどいい重さはどの位か?

ということですが、クラブ全体の重さは、振れる範囲でちょっと重いかな・・位がおすすめです。

それよりも重いクラブを使っていて、ダフリが多いようであれば、少し軽めのクラブを試してみるのもいいかも知れません。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。