ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

オーバースイングの直し方。3つの見分け方と3つの直し方

オーバースイングとは、クラブを必要以上に振りかぶること、大きく振り過ぎてしまうことを言います。

大きなスイングをすることは何も悪いことではないと思います。プロでも、オーバースイングではないかと思うほど、大きなスイングをする人もいます。

ただ、クラブを大きく振るほど飛ぶスイングと、大きく振っているのに飛ばないスイングがあります。

今回はその後者の方、大きく振っているのに飛ばない、またはスライスが出たり、振り遅れにつながっているオーバースイングの原因や直し方についてご紹介してゆきたいと思います。

直す必要があるとは限らない

さて、オーバースイングの直し方の前に、先程も書かせていただきましたが、オーバースイングと言っても必ずしも直す必要があるとは限りません。

むしろ、オーバースイングの方が合っている方もいます。

この場合は、他の人にとってはオーバースイングでも、ご本人にとってはそれは自分に合ったスイングなのだと思います。

じゃあ、直した方がいいオーバースイングとはどういったものでしょうか?

そして、それをどうやって見分けたらいいのでしょうか?

直した方がいいオーバースイングのポイントはいくつかあって、後程それらについて詳しくご紹介してゆきますが、簡単に1つだけ挙げるとすると、「体重移動が伴っていない」オーバースイングは直した方がいいケースが多いです。

体重移動が伴っていないオーバースイングの場合、手や腕だけでスイングしていることが多く、この場合、一生懸命振っているのに飛距離が全然出ない、ボールが曲がる、振り遅れる・・・といったことが起こりやすくなります。

この体重移動が伴っていないオーバースイングの場合は、直した方がいいかも知れません。

じゃあ、どうやって見分けるか?ということですが、簡単にできる見分け方があります。

これはオーバースイングの直し方として、タイガー・ウッズの元コーチとして知られるレッスンプロ、ブッチ・ハーモンが語ったことなのですが・・・

Swing to the top and pause for a count of three, then unwind and swing through. This might feel awkward at first, but once you get a feel for the timing, try hitting some balls. This drill will teach you not to overswing on the backswing and to match up your arm swing to your body turn through impact.

(バックスイングの)トップで3秒間止めてみてください。

3秒待ったらダウンスイングに入ります。最初はぎこちなく感じるかも知れませんが、タイミングをつかんだら実際にボールを打ってみます。

この練習方法を行うことにでオーバースイングを直すことができ、またボディターン(体の回転)に対して正しい腕の動きを身に付けることができると思います。

reference: Match your swing to your turn (GolfDigest.com)

このブッチ・ハーモンが語ったバックスイングのトップで3秒止める・・・というドリルですが、オーバースイングを直す意味でも効果的な練習の1つだと思います。

さて、見分け方のお話に戻りますが、このトップで3秒止めた後、(右利きの方の場合)左足を地面から10センチほど完全に浮かせてみます。

もし、体重移動ができていれば、それができるはずです。

もし、手や腕だけで振ろうとされている場合は、左足をトップで止まった時に浮かせるのが難しいのではないかなと、思います。

この場合は、体重移動が伴っていないスイングになっているケースが多いです。

直した方がいいケース

さて、オーバースイングといっても必ずしも直す必要があるとは限らないわけですが、上記でご紹介したように、体重移動が伴っていないオーバースイングの場合は直す必要があるかも知れません。

先程は、スイングのトップで左足を地面から浮かせることで体重移動が出来ているかを見分ける方法をご紹介しました。

ただ、この方法だけでは、本当に直した方がいいオーバースイングなのかどうかを見分けるには不十分なケースもあります。

そこで、さらにいくつかの見分けるポイントをご紹介したいと思います。

それらは、

1)左肘が大きく曲がっている
2)スウェイしている
3)リバース・ピボットになっている

といったポイントになります。

1)左肘が大きく曲がっている

最初のポイントがバックスイングで左肘(右利きの方の場合)が大きく曲がっているかどうか?ということになります。

もし、バックスイングで左肘が大きく曲がっていたり、そのせいで、トップでクラブヘッドが垂れ下がっていたりする場合は、振り遅れの原因になったり、スライスの原因になってしまうことがあります

左肘はバックスイングで多少曲がっていても構いません。ピンと伸ばす必要はありません。

もっとも、プロの中には左肘がバックスイングで綺麗に伸びている人もいますが、無理に伸ばす必要はないと思いますし、それをやるとむしろ、ヘッドスピードが落ちてしまうケースもあります。

特にシニアの方などで、体が硬くなってきたと感じていらっしゃる方の場合は、肘は無理に伸ばしていただかなくても大丈夫です。

ただ、(左肘は多少は曲がっていてもいいのですが)大きく曲がっていたりするのはダメです。

バックスイングで肘を大きく曲げてしまうと、インパクトまでにダウンスイングのどこかでまた伸ばさなくてはならず、それが降り遅れの原因になっているケースもあります。

どうやって直したらいいか?

さて、では、この場合(左肘が曲がり過ぎていて、それがオーバースイングの原因となっている場合)どうやって、直したらいいか?

・・・ということですが、この場合は、腕を振ることよりも、体、または肩を回転させることに意識を向けてスイングしてみるのも1つの方法です。

オーバースイングは、飛ばそうと思うことが原因となっているケースも多く、そのために腕を大きく振りたくなるわけですが、飛距離という意味では、腕をバックスイングで大きく振るよりも、バックスイングで体をより深く回転させた方が(飛距離は)伸びます。

バックスイングの際には、腕を振るという意識を一旦忘れて、右に体を回転させる意識でスイングしてみます。

この時のポイントですが、

1)背中をターゲット(目標)に向ける意識で体を回転させる
2)胸を右に向ける意識で体を回転させる
3)右足のつま先を少し外側に開いて構える

・・といったことを意識してみてもいいかも知れません。

3)の右足のつま先を少し外側に向けて構えるということですが、こうすることで、右に回転しやすくなります。

どの位、外側に向けたらいいのか?ということですが、それは多少人によって違ってくると思いますが、1つの方法としては、スクワットをしてみるのもいいかも知れません。

深くしゃがみ込むスクワットをしてみます。つま先が正面を向いていたり、開いていないと、深くしゃがみ込むのは難しいと思います。

多少、両足のつま先を外側に向けた方がしゃがみ込みやすく、体も安定すると思います。

そのスクワットをした時のように・・・右足のつま先を外側に向けて構えてみてもいいと思います。

または思い切って45度位右足のつま先を外側に向けて(ここまで開くことはないと思いますが)、そこから、ボールを打ちながら、つま先を開く度合いを少なくしながら、自分に合う位置を探して見てもいいかも知れません。

右足のつま先を外側に開くほど、体を大きく右に回転させやすくなります。

2)スウェイしている

スウェイとはバックスイング(またはダウンスイング)で体が横に流れてしまう(スライドしてしまう)ことを言います。

オーバースイングをしている方で、バックスイングでスウェイしている場合は、振り遅れたり、飛距離をロスしたり、または、スライスしやすくなりますので、この場合のオーバースイングは直した方がいいかも知れません。

スライサーの方の多くはその度合いは違っても多少のスウェイをしている傾向があり、そのためにパワーを逃がしてしまっているケースも多くあります。

オーバースイングとスウェイの関係ですが、バックスイングで、スウェイしていると、または、腰が右へ大きく流れてしまっていると、振っているのに、どこか力が入らないというか、力が抜けてゆくというか、そんな感覚になることがあります。

振っても、振っても飛ばないというか。

そのため、少しでも力を入れようとクラブを大きく振り上げてしまう(結果的にオーバースイングになっている)こともあります。

先程、腰が右へ流れると書きましたが、腰が右へ流れるということは右ひざも右へ流れているはずです。

この腰や膝が右に流れてしまう場合の直し方ですが、(「体重をバックスイングで右足に移すといい」と言われますが)体重を右足ではなくて、右ひざに移そう・・・そう思ってバックスイングで回転してみることも1つのコツかも知れません。

全体重を右ひざに移すイメージです。

きちんとした体重移動ができていれば、右ひざは右へは流れません。(実際には若干ですが、右へ移動します)

バックスイングで右ひざを動かしていい範囲とは?

それから、もう1つのポイントですが、バックスイングで腰を右に回転させようと意識してみるのもよい方法だと思います。

よく、腰の回転を抑制して肩を回転させ、捻転差を作る・・・という風に言われることもありますが、肩を大きく回転させるためには腰も大きく回転させる必要があると僕は思っています。

上半身も腰も背骨でつながっているもの・・ですから。

あえて、積極的に腰も右へと回転させた方がスウェイは直るように思います。

スウェイの直し方については、スウェイの原因と直し方でより詳しくご紹介しておりますので、そちらを参照ください。

3)リバース・ピボットになっている

オーバースイングをしている方で、リバース・ピボットになっているケースも、直す必要があるかも知れません。

スウェイと深い関係があるのですが(スウェイが悪化するとリバース・ピボットになるケースもありますが)、リバース・ピボットとは、バックスイングで左足に体重が残り、ダウンスイングで右足に体重が移動してしまうことを言います。

これは本来の体重移動とは正反対です。

この場合も、いくら振っても力が入っているように感じなかったり、実際に飛距離を失いますので、(失った飛距離を取り戻すために)必要以上にクラブを振りかぶる必要が出てきて、オーバースイングになってしまうことがあります。

このケースでは、リバース・ピボットを直すことで、オーバースイングも自然と直ってゆくことも多いです。

また、オーバースイングが原因でリバース・ピボットになってしまうというケースもありますが、それについてはオーバースイングが原因のリバースピボットを直す方法にてご紹介しています。

また、リバースピボットに関しては、リバースピボットとは?原因と直し方もリバースピボットを直す2つの練習方法リバースピボットを直す方法などでご紹介しておりますので、よろしければそちらも参照していただければ幸いです。

最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。
感謝。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。