ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

スクウェアグリップ(ニュートラルグリップ)の握り方と利点・欠点

ゴルフのグリップではよく、スクウェアグリップ(スクエアグリップ)という言葉が出てきます。

スクウェア(スクエア)とは、直角という意味があります。スクウェア・インパクトなんてゴルフ用語もあります。

何が直角かというと、ボールとターゲットを結んだ線と直角・・・という意味になります。

スクウェアグリップというのは、つまり、インパクトでフェースが目標に対して直角になりやすいグリップということですから、ストレートボールが最も打ちやすいグリップということになります。

今回は具体的なグリップの握り方の他に、このグリップが本当に良いグリップなのかどうか・・・についても考えてみたいと思います。

目次

スクウェアグリップなのにストレートボールが打てない?

スクウェアグリップはストレートボールが打ちやすいグリップです。

しかし、1つ問題があります。

それは、万人にとってスクウェアなグリップというものが存在しない・・・ということです。

ある人にとってはスクウェアであっても、僕にとってはそれはスライスが出やすいグリップかも知れません。

だとしたら、それは僕にとってはスクウェアグリップではないわけで・・。

ですから、次にご紹介する具体的なスクウェアグリップの基準はあくまでも目安としてお考えください。

そのグリップだとストレート系のボールを打てる人が一般的には多い・・・と考えられているグリップがスクウェアグリップ・・・ということになると思います。

左手のこぶしでチェックする

さて、スクウェアグリップの目安ですが、1つの基準となるのが、左手のこぶしの山の数です。

ボールを前にしてクラブを握って構えます。その時、左手を見てみます。

その時にこぶしの山が何個見えるかが1つの目安になります。その際にこぶしの山が2個半見えたら、それは一般的に言われるスクウェアグリップです。

ただ、この基準というのも万国共通ではありません。

レッスンプロによっても、「いや、左手のこぶしの山は2個がスクウェアだ」と言う方もいるし、「3個見えた方がいい」と言う方もいます。

しかしながら、もっとも一般的な考え方がこの「左手のこぶしの山が2個半見える程度」・・・ということかも知れません。

もう1つの目安が左手の人差し指と親指でできるV字がどこを指しているか?という点です。

スクウェアグリップの場合、このV字が右耳の辺りを指していると思います。

このV字があごを指しているとウィークグリップ、右肩を指しているとフックグリップの可能性があります。

右手の握り方

さて、今度は右手の握り方です。

詳しくは両手の平は平行にでご紹介しておりますので、右手のグリップの握り方はそちらも参考にしていただければ幸いです。

基本的な考え方としては、両手の平が平行になるような意識で右手を握るということになります。

右手の人差し指と親指の間でできるV字が、左手のそれと平行になるようにします。

右手の人差し指と親指の間でできるV字↓

ですから、この場合は右耳の辺り、もしくはそれよりも若干右を指していることになると思います。

スクウェアグリップでスライスを打つ人が多すぎる

スクウェアグリップは理論上はストレートボールが打ちやすいグリップのはず・・・です。

しかし、実際にはこのグリップにしてもスライスを打つ人が大半です。ゴルファーの殆どはスライサーなのです。

グリップの握り方については、レッスンプロが教えてくれますし、ゴルフの書籍などにも何がスクウェアグリップかを教えてくれます。

どこにでもそんな情報はあふれているのです。

それなのに、ゴルファーの殆どはスライサーです

僕が本格的にゴルフをはじめたのは、10代の後半でした。

当時は、それこそスクウェアグリップを世界的にも有名なレッスンプロの書籍やビデオで見て勉強しとにかくボールを毎日日が暮れるまで打つ日々でした。

アメリカに渡った僕はPGA公認のティーチングプロに教えを乞うことに決め、数人のプロに基礎から教えていただきました。

この時もグリップはやはり同じようなことを教えられました。

グリップは疑いませんでした。それがストレートボールが打てるグリップだと疑わなかったのです。

だから、スライスが出ても、それはゴルフスイングに問題があるのだろうと思いました。

そして、それを直すために毎日何時間も何時間も打ち続けました。

ところが、スライスは根本的には直りませんでした。それどころか、飛距離もどんどん落ちてゆきました。

いつのまにか、4人でプレーすれば誰とまわっても常に一番飛ばない人になっていました。

僕は何年も毎日何時間も費やしてやっとわかったのです。スクウェアグリップだと思っていたものは、僕にとってはスライスが出るグリップであることに。

そして、僕はグリップをとにかく独学で研究するようになりました。

毎日何時間もグリップのことだけを考えて、翌日は練習場でそれを試す毎日でした。

僕はそれでやっと自分にとって正しいグリップを手に入れました。

それは一般的にはフックグリップと呼ばれるものでしたが、それが僕にとっては一番ストレートボールが打ちやすいグリップ、つまり、僕にとってのスクウェアグリップだったのです。

僕が打ったボールは自分でも疑うほどに飛距離が出るボールに変わっていました。

プレーする時は一番飛ばなかったプレーヤーから、プロと一緒にまわっても飛距離では置いて行かれなくなりました。

勿論、僕は自分の飛距離を自慢するためにこのページを書いたわけではありません。(笑)

ただ、僕は僕と同じようにグリップを自分にとってのスクウェアグリップを見つけることで飛躍的に飛距離を伸ばしてきたゴルファーを大勢知っています。

そして、その感動を伝えたいと思ったのです。

ですから、当サイトのゴルフ基礎編グリップに関しては特にそういう気持ちで記事を書かせていただいています。

僕はこれがスクウェアグリップですよとは絶対に言いたくはありません。

そして、恐らく殆どのゴルファーがスライサーであることを考えれば、スクウェアグリップよりもむしろフックグリップの方が一般のゴルファーには向いているのではないかと思うのです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。